ミス・アメリカ 水着審査を廃止

ミス・アメリカ 水着審査を廃止

アメリカで最も長い歴史を持つ美人コンテスト「ミス・アメリカ」は出場者が水着を着用して行う審査を廃止すると発表しました。「#MeToo」の運動が広がる中、今回の決定がほかのコンテストにも影響を及ぼすのか注目されています。

「ミス・アメリカ」は、ビーチリゾートに観光客を招こうと100年近く前に始まったアメリカで最も長い歴史を持つ全米規模の美人コンテストです。50の州と首都ワシントンの代表が参加し、その様子は毎年、全国に放送されています。

「ミス・アメリカ」の運営団体は5日に声明を発表し、ことし9月に行われるコンテストから、出場者が水着を着用して行う審査を廃止すると発表しました。

運営団体の幹部は現在ほとんどが女性で、ABCテレビに出演したカールソン理事長は、「出場者には人としての内面を見せてほしい。それが私たちの審査基準だ」と話し、水着審査に代わって出場者が将来の目標などを審査員と話し合うセッションを設けるとしています。

今回の決定は、女性を外見で評価すべきではないなどとする長年の批判を受けたもので、セクハラや性暴力を告発し、女性の権利を訴える「#MeToo」の運動が広がる中、ほかのコンテストにも影響を及ぼすのか注目されています。

エラー|NHK NEWS WEB

 

ミスコン自体を否定する声も大きくなってるし、これも時代の流れだからしゃーないね(;´Д`)

コメント