sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

日本で一番魅力的な都市はどこなのか

   

森記念財団都市戦略研究所は2018年10月3日、初めて実施した「日本の都市特性評価」の結果概要を発表した。全国の主要72都市および東京23区を対象に各都市が有する「特性」を明らかにした調査で、全国1位は「京都市」、東京23区1位は「千代田区」となった。

「日本の都市特性評価」は、少子高齢化および急速な人口減少が見込まれる日本において、活力を保ち続けるためには各都市がそれぞれの “特性” を生かした都市づくりを進めることが重要との観点から、都市の力を定量・定性データをもとに相対的かつ多角的に分析し、都市の強みや魅力といった都市特性を明らかにすることを目的に調査研究したもの。

対象都市は、政令指定都市および県庁所在地に加え、各都道府県で人口規模が第1~3位の都市(人口20万人以上かつ昼夜間人口比率が3大都市圏では1.0以上、3大都市圏以外では0.9以上)に該当する国内主要72都市と、東京23区。調査にあたり、「経済・ビジネス」「研究・開発」「文化・交流」「生活・居住」「環境」「交通・アクセス」の6分野を設定し、それらの主要な要素を表す26指標グループ、さらにそれらを構成する83指標を選定。指標グループごとにスコアを算出し、レーダーチャートを用いて視覚的に表現することで、各都市がどのような指標グループの「特性」を発揮しているのかを明らかにした。

調査の結果、全国主要72都市の1位に選ばれたのは「京都市」。世界的な観光地でもある京都は「文化・交流」の評価が圧倒的に高く、全国1位の評価を得た。加えて「研究・開発」でも2位の評価を獲得し、知的資源にも恵まれていることが明らかになった。全国2位に選ばれたのは「福岡市」。「経済・ビジネス」と「文化・交流」「交通・アクセス」で3位の評価を獲得し、ビジネス活力に満ちたバランス型都市という特性がみられた。全国3位は「大阪市」。「経済・ビジネス」「交通・アクセス」で1位の評価となり、商都として繁栄してきた大阪都市圏の中心地としての特性がみえる結果となった。

東京23区の都市特性評価は、1位「千代田区」、2位「港区」、3位「中央区」という結果に。1位の千代田区は、「経済・ビジネス」で1位と圧倒的な強さを持ち、「文化・交流」「交通・アクセス」「生活・居住」でも2位の評価を獲得し、にぎわいと経済活力に満ちた東京の中心地としての強さをみせた。2位「港区」は、「文化・交流」での1位をはじめ、すべての項目で7位以内の評価を獲得しバランスのとれた特性と、国際都市としての特性が評価された。3位「中央区」は、「生活・居住」における居住環境と生活利便施設の評価がもっとも高く、交通利便性と安全性の高さも評価された。

森記念財団都市戦略研究所のWebサイトに掲載されている概要版では、評価の高かった都市のレーダーチャート分析結果や、クラスター分析結果を紹介している。なお、詳細な調査報告書「日本の都市特性評価 DATABOOK 2018」は11月に発行予定。価格は書籍版が3万2,400円、PDF版が2万5,920円(ともに税込)。

◆日本の都市特性評価2018
【全国主要72都市】
1位:京都市
2位:福岡市
3位:大阪市
4位:名古屋市
5位:横浜市
6位:神戸市
7位:札幌市
8位:仙台市
9位:つくば市
10位:浜松市

【東京23区】
1位:千代田区
2位:港区
3位:中央区

https://resemom.jp/article/2018/10/04/47056.html

 

評価指標(記事参照)を見たけどなんだか曖昧だな。その曖昧さが「日本の都市特性評価」というイミフな名称にも表れてる気がするw

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット