sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

韓国人カップルが宿泊した「日本の民泊」に隠しカメラが仕掛けられているのが発見され、韓国で騒動に

   

韓国人カップルが宿泊した「日本の民泊」に隠しカメラが仕掛けられているのが発見され、韓国で騒動に

日本の民泊に隠しカメラ、韓国ネットで騒動

韓国人カップルが日本の民泊でベッド部分を狙った隠しカメラを発見したとインターネット上で告発し、騒動が起きている。

韓国のインターネット上に最近、「リアルタイム・エアビーアンドビー‎隠しカメラ発見」というタイトルの投稿があった。エアビーアンドビーは民泊検索サイトの名称だ。

投稿したネットユーザーは「寝る前に火災警報器が突然グリーンに点灯し、何かおかしいと思った。あの位置に火災警報器があるのはおかしいし、カメラの穴のようなものがベッドの方に向いていたので何だろうと思った」と言う。そこで、投稿者がカメラ内に保存されていた映像を確認したところ、入室した時から発見前までが全て撮影されており、設置場所はベッドの真上だったという。

投稿者は「初めはガールフレンドと冗談で隠しカメラではないかと話していたが、まさかと思い検索すると、本当に火災警報器型の隠しカメラがヒットした」と続けた。カップルは同じ宿泊施設に以前にも泊まったことがあるため、そこを選んだという。

投稿者は室内の隠しカメラと実際に販売されている隠しカメラを比較。「インターネットで火災警報機型隠しカメラと検索すると、まさにこの製品が出てくる」と説明した。

投稿者は「日本の警察に届け出れば役立つだろうか。(韓国)総領事館は役に立たなそうだ」と書いている。

最近隠しカメラによる犯罪が急増している。韓国の現行法では、隠しカメラで撮影を行ったり、隠しカメラを販売、提供した場合には、5年以下の懲役または1000万ウォン以下の罰金を科すと定められている。

また、撮影当時には撮影対象者の意思に反していない場合でも、事後に対象者の意思に反して映像を頒布、販売、公然と展示した場合には、3年以下の懲役または500万ウォン以下の罰金が科される。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/29/2017062900655.html

露骨な配線でワロタ

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット