田中みな実『ひるキュン!』打ち切り! キャスター界“追放”か!?

 元TBSアナウンサーの田中みな実(32)がメインMCを務める、東京ローカルの情報バラエティ番組『ひるキュン!』(TOKYO MX)が3月末で打ち切りになるという情報が入ってきた。

2016年10月にスタートした『ひるキュン!』は、月曜日から金曜日の昼12時から放送の、東京都内の話題を中心に発信する情報バラエティ。田中が初めてメインMCを務める情報番組で、昼帯番組の初レギュラーでもある。

田中はMCとして番組を仕切るだけでなく、番組内での“毒舌”も話題になっていた。昨年11月30日の放送では「つきあうならどっち? 草食系or肉食系」というテーマでの討論中、アシスタントの徳光正行(47)が、草食系男子が増えているということについて「平和の証でもあるかもしれないですよね」と分析した矢先、「自分が勝ってるわけでもないのにさ~、自分が“肉食の代表”みたいな顔してしゃべるの恥ずかしいよ」とツッコミ。「恥ずかしいと思いなさい! 伊藤英明じゃないんだからさ」とぶった切った。

「徳光を“腹たつ!”と罵ったり、ローリング・ストーンズのメンバーが言えないと分かった“音楽通”を自称するクリス松村を罵ったりと、ドSなキャラが注目されていました。

しかし、そうしたイライラとした態度が実はキャラではなく、素の性格の部分も多分にあったようで……。原稿や進行面など、番組に何か不備があった場合は、田中は現場にいるスタッフではなくわざわざ局の幹部にクレームを出していたそうです。それで、幹部から田中の要望が“命令”としておりてくる。それでは現場はやってられない。田中と現場スタッフの間にはだいぶ隔たりがあり、スタッフは相当気を遣っていたと聞いています」(制作会社関係者)

そんな田中は、現在放送中のドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)で本格女優デビューを果たし、話題を呼んだ。

「妻子ある男性プロデューサーと不倫関係にある女優役という難しい役どころですが、元局アナとは思えない、激しいディープキスやベッドシーンといった体当たりの演技が評価されています。情報番組はスタッフからは“田中とはもう一緒にやりたくない”という声も上がっているというので、キャスターでの起用が減って徐々にフェードアウトしていく可能性もあります。その代わり、今後は女優一本でいくのではないか、と関係者の間ではささやかれています」(芸能記者)

『ルーズヴェルト・ゲーム』で社長秘書役を演じた平井理央(36)や、医療ドラマ『ブラックペアン』(ともにTBS系)で元看護師の治験コーディネーター役を演じた加藤綾子(33)など、フリー転身後に女優としても活躍する女子アナは少なくない。田中みな実も今後ドラマや映画で目にする機会が増えるかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1710119/

 

sakamobi
sakamobi

今後は女優業か…

コメント