【画像】田中みな実、“パンチラ”武器のお色気女泥棒に変身「これほど露出することになるとは…」

 フリーアナウンサーで女優としても活動する田中みな実が、8月8日放送のフジテレビ系木曜劇場『ルパンの娘』(毎週木曜 後10:00)第5話にゲスト出演することがわかった。田中が演じるのは、甘い言葉とパンチラを武器に男を誘惑し、金品を奪う女泥棒・双葉美羽(ふたば・みう)。大胆な衣装を着こなした田中は「30歳を過ぎて、これほど露出することになるとは思いませんでした。お見苦しいところも多いかと思いますが、そこは作品の世界観として大目に見て頂けたら幸いです(笑)!」とお茶目に呼びかけている。

主人公・三雲華(深田恭子)ら“Lの一族”を敵対視する美羽は、自分の狙っていた獲物をことごとく“Lの一族”に横取りされているいら立ちを隠せず、復讐(ふくしゅう)のため“Lの一族”の情報を探っているというキャラクター。“Lの一族”の泥棒スーツに負けず劣らずのインパクト大な衣装のほかにも、初挑戦となるアクションシーン、華との女泥棒対決、加藤諒演じる巻栄一を誘惑するシーンなどみどころが数多く用意された。

自身が演じる美羽について田中は「ただ色気を振りまくだけのキャラではなくて、“強さ”もあるけど男性不信のような“弱さ”もあって、複雑な思いを抱えているのかなって」と分析。「ストーリー自体はファンタジーだけど、女性の等身大の悩みを投影しているのではないでしょうか。だけど美羽のむき出しの感情を、深田さんとのシーンで感じ取っていただけたらうれしいです」とアピールする。

今回、深田とはドラマ初共演となるが「深田さんが出演されている作品が大好きで、自分が青春時代にみていたドラマの多くに出られている女優さんを前に、内心すごく緊張していました。撮影では、お会いしてすぐにバチバチやり合うシーンだったのですが、本当は敵対関係なんて嫌でした(笑)」と本音をポロリ。「俳優さんは、まとってる空気が違うと改めて感じました。こんな私をサポートし支えてくださって、本当に救われました」と周囲の環境に感謝した。

また、アクションシーンについては「難しかったです。2~3時間しか練習する時間が無く、その間ムチを振り回しすぎて、手に力が入らなくなりました。まず、こんなにも体力が衰えていることにショックを受けました(笑)」と反省。「元々、器械体操をやっていたし、ジムにも通っているから体力には自信がある方だと思っていたんですけどね、アクションは全く別物だと感じました。今後もしアクションをする機会があれば、今回の経験を生かして、もっとうまくできるよう頑張りたいです!」とリベンジを誓っていた。

http://kanasoku.info/articles/122313.html

sakamobi
sakamobi

続けたまえ😌😌😌

コメント