【認知症】未婚者の過半数が介護してくれる人が「誰もいない」と回答

認知症「介護してくれる家族ない」過半 未婚40~64歳

認知症になったとき、家族や親族で介護してくれるのは誰か――。明治安田総合研究所が40~64歳の男女を対象に意識調査をしたところ、未婚者の過半数が「誰もいない」と回答した。担当者は「老後に身内を頼れない未婚者が多いことがうかがえる。今から介護施設への入居を考えている人もいるとみられる」と分析している。

2018年6月、「人生100年時代の生活」をテーマにインターネットで全国調査を実施し、1万2千人の回答を得た。

認知症になった場合、家族や親族で誰が介護をしてくれると思うかを尋ねたところ、結婚経験のない未婚者では男性56.9%、女性54.3%が「誰もいない」と回答。配偶者と離婚や死別をした離別者は「誰もいない」が男性47.3%、女性32.5%だった。「分からない」との回答も、未婚者、離別者ともに30%前後に上った。

一方、既婚者では子供のいない男性の72.5%、子供のいる男性の65.3%が「配偶者」と答えた。一方、子供のいない女性は64.2%、子供のいる女性は50.3%が「配偶者」と回答。夫婦間で、介護への期待度に温度差があることが浮かんだ。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43449740X00C19A4CR8000/

sakamobi
sakamobi

最近は「結婚しなくてなにが悪い」「子供がいなくてなにが悪い」と騒ぐ人が多いけど、その分相当の貯金ができていないと哀れすぎる老後が待っているよという怖い話…😱😱😱

コメント