【驚愕】ミッキーマウスの著作権が2023年で切れるという事実

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ミッキーマウスは1928年に公開された「蒸気船ウィリー」でデビューを果たしたが、当時の著作権法に従うと、その権利は1984年には失効してしまうことになっていた。

そのためディズニー社は、その保護のため、さらに合衆国を動かすことになる。
1976年、アメリカ連邦議会は著作権法制度の大幅な見直しを決定した。これまでの法律では、「作品発表から56年間」であったものを、ヨーロッパの基準である「著者の死後50年間」に変更された。
これにより、ミッキーマウスは、2003年まで著作権法で守られることになった。

スポンサーリンク

そして、2003年が近づくと、またもお決まりの活動が始まったのだ。
1998年に著作権法延長法が制定され、著作権の保護期間は原則として「著者の死後70年」となった。
しかも、法人の場合は「発行後95年間」または「制作後120年間」のどちらか短い方が適用されることとなった。
さらにミッキーマウスは、2023年まで著作権で保護されることになっている。

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

また法律変えるやろw
こいつのせいで著作権の年数が延長され続けてて、ディズニー法とか言われてるやん😅😅😅

コメント