【千葉10歳女児死亡】栗原心愛さんへの暴行を知りながら止めなかった母親も逮捕へ…父親と共犯関係が成立すると判断

小4死亡 母も逮捕へ…傷害容疑 夫の暴行止めず

千葉県野田市の小学4年栗原心愛みあさん(10)が死亡し、父親の栗原勇一郎容疑者(41)が傷害容疑で逮捕された事件で、県警が心愛さんの母親(31)についても傷害容疑で逮捕状を取ったことが3日、捜査関係者への取材で分かった。4日にも逮捕する。県警は、母親が父親の暴行を止めなかったとして共犯関係が成立すると判断した。

事件を巡っては、栗原容疑者が1月24日午前10時頃から午後11時20分頃までの間、自宅で長女の心愛さんに服の上からシャワーで冷水を浴びせたり首付近を両手でわしづかみにしたりするなどして負傷させたとして、25日に逮捕された。

捜査関係者によると、母親は栗原容疑者とともに、心愛さんにけがを負わせた疑いが持たれている。

心愛さんは両親と妹(1)の4人暮らしで24日は全員が自宅にいた。母親が直接、暴行を加えた形跡はないが、県警は栗原容疑者の暴行を知りながら止めなかった責任は重大とみている。

県警は心愛さんの体に残った複数のあざの状態などから、母親が事件前には栗原容疑者の暴行を止めない状況になっていたとみて調べる。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190204-OYT1T50055/

 

sakamobi
sakamobi

夫に逆らえなかったのか、共謀していたのか、いずれにしても見殺しにした責任は重い(#・∀・)

コメント