メキシコで35歳の男性がバスを襲う → 偶然乗ってた母ちゃんにスリッパで叩かれる → 逮捕

メキシコの35歳の男性が拳銃を持ちバスを襲ったところ、偶然にも母親に鉢合わせてしまい逮捕されてしまった。

ラモンという名前の35歳の男性はバスに乗り込み拳銃をで乗客を威嚇し金品を奪おうとバスを襲った。しかし乗客の中に母親がいるということに気づき、困惑。

ラモンの母親もバス強盗の犯人が自分の息子だと気づき、自分が履いていたスリッパを脱ぎスリッパで息子をシバキ始めた。恐怖に怯えていたバス車内は何が起きているのかわからず、しばらくして親子の鉢合わせだと理解し落ち着きを取り戻したという。一部の乗客はこのときの状況を撮影しておりメディアがそれを紹介した。

息子を叱った母親は自ら警察に通報し、息子は現行犯逮捕された。母親はインタビューで「息子がした仕業処罰を受けて当然だ」と述べた。

息子はメキシコシティ北部の刑務所に移送される予定。強盗未遂でもメキシコでは非常に厳しい刑が待っており、懲役は免れることは難しく下手すれば無期懲役になる。

メキシコで35歳の男性がバス強盗 → 偶然乗ってた母ちゃん「あんた何やってんの!」とスリッパで殴られる → そのまま逮捕
  /*  ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください */  【簡単に説明すると】 ・メキシコ人男性がバスジャック ・偶然母親が乗ってた? ・母親が乗ってたことに驚く犯人 ...

 

母ちゃん最強伝説は世界共通👍

コメント