【動画】ドイツのメルケル首相、ウクライナ大統領歓迎式典で突然体の震えが止まらなくなる

メルケル首相 体の震え止まらず 健康状態を懸念する声も

ドイツのメルケル首相がウクライナの大統領を歓迎する式典の最中、突然、体の震えをおさえられなくなりその後、首相は水分不足が原因だったと説明しましたが、健康状態を懸念する声も出ています。

ドイツのメルケル首相は18日、首都ベルリンでウクライナのゼレンスキー大統領を歓迎する式典に臨みました。

ところがその最中に突然、メルケル首相の体が震えだし、震えをおさえられない様子が続きましたが、そのまま式典に出続け、その後は歩いて会場をあとにしました。

メルケル首相はこの後の記者会見で「水分不足だったようで、水を3杯飲んだらよくなりました」と話し、水分不足が原因だったとして健康上の問題はないと強調しました。

この日、ベルリンは晴れで最高気温が29度まで上がり、地元のメディアは過去にもメルケル首相は暑い日に同じような症状を起こしたことがあると伝えていますが、64歳の首相の健康状態を懸念する声も出ています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190619/k10011958931000.html

sakamobi
sakamobi

ちょっと衝撃的な動画。でも水分不足であんな風になるんかな?😨😨😨

コメント