【悲報】食べ物がまずい都道府県ランキング、決まる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

5位:長野県
「長野県は海が無いので、刺身になどと言った海の魚料理が無さそう」
自然豊かな長野県は、「信州そば」や、小麦や雑穀、そば、米などの粉を練った生地に野菜などの具材を包んで焼いた「おやき」、
木曽・伊那地方に伝わる郷土料理「五平餅」など美味しい名物がたくさんあります。
しかし一部のひとたちからは「長野県は海が無いので、刺身になどと言った海の魚料理が無さそう」
「よく言えば素朴ではあるんですが、塩加減も濃くて長野は料理が美味しくないというイメージしかありません。」などと言われています。

スポンサーリンク

4位:東京都
「どじょうとか食べられない」
東京都の食べ物といえば、もんじゃ焼きやどぜう鍋、柳川鍋、くさやなどが有名ですが、
一部のひとたちからは「魚が生臭く食べられたものじゃない」「東京にはあらゆる土地のグルメが集まっているイメージがありますが、
逆に東京オリジナルの料理があまりない」「どじょうとか食べられない」などという意見が見受けられます。

スポンサーリンク

3位:奈良県
「奈良は奈良漬け以外印象的な食べ物が無い」
大和は国のまほろばと言われ、日本の食文化の発祥の地と言われ、奈良県の有名な郷土料理として「柿の葉寿司」「奈良のっぺい」
「にゅうめん」などがあげられます。
そんな中、一部のひとたちからは「「奈良にうまいものなし」という言葉があるように、名産品が少ない」
「奈良は奈良漬け以外印象的な食べ物が無い」などと言われています。

スポンサーリンク

2位:愛知県
「味が濃いものが多い」
愛知の食文化は、日本の中でも独特と言われており、その味わいの根本にあるのは、味噌・醤油・みりんなどの「醸造文化」にあります。
そんな愛知の食べ物について一部の人たちからは「九州出身のため味付けが大幅に違うため美味しいとは思わない」「味が濃いものが多い」
「味付けが少し塩辛かったように思った」という理由でまずいというイメージを持っているようです。

スポンサーリンク

1位:沖縄県
「変わった食材が多くてなじみがない」
沖縄の食べ物は一般的には脂を用いた汁物、煮物、炒め物、揚げ物が多い反面、生食は意外なほど少ないです。
沖縄料理は豚の出汁とカツオ出汁をベースに、肉、魚、昆布、野菜などから複合的に生まれる深い旨味やコクが味の基調をなしています。
しかし一部の人たちからは「変わった食材が多くてなじみがない」「豚足や豚の顔など食べなれていない料理が多いので
イコールおいしくないと思ってしまう」などといった意見が見受けられます。

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

やはり沖縄か…🤢🤢🤢

コメント