オウムの中川智正元死刑囚、死刑執行直前にまんじゅうを食べず茶を飲む

 オウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚(執行時63)ら7人の刑の執行から、13日で1週間がたつ。関係者への取材で、元幹部たちの執行直前の様子が明らかになった。

坂本堤弁護士一家殺害や松本、地下鉄両サリン事件に関与した中川智正元死刑囚(同55)の親族や知人は8日、広島県の葬祭場で遺体と対面した。出席した俳人の江里(えざと)昭彦さん(68)によると、刑務官が遺族に説明した様子がこの場で明らかにされた。

それによると、執行があった6日朝、中川元死刑囚は両腕をつかまえようとする刑務官を「自分で歩いていく」と制し、抵抗せずに刑場へ向かった。控室では「実家の宗派と異なるので」と仏教の教戒を断り、用意された果物と菓子には手をつけず、お茶を2杯飲んで、こう語ったという。

「支援者や弁護士の方々に感謝いたします」

「自分のことについては誰も恨まず、自分のした結果だと考えている」

「被害者の方々に、心よりおわび申し上げます」

地下鉄サリン事件などに関わった井上嘉浩元死刑囚(執行時48)の支援者によると、井上元死刑囚は執行前、刑務官から「両親に何か伝えることはないか」と問われ、「お父さん、お母さん。ありがとうございました。心配しないで」と答えたという。

「こんなことになるとは思っていなかった」と、戸惑いともとれる言葉もあった。だが、抵抗することはなく、最後にこう述べたという。「まずは、よし」

抵抗せず「自分のした結果」 中川元死刑囚、執行直前:朝日新聞デジタル
 オウム真理教の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚(執行時63)ら7人の刑の執行から、13日で1週間がたつ。関係者への取材で、元幹部たちの執行直前の様子が明らかになった。 坂本堤弁護士一家殺害や松本、地下…

 

「まずは、よし」の意味がいろいろ話題になりました

コメント