【悲報】あのメイウェザーが仮想通貨で問題を起こし7000万円の罰金

米証券取引委員会(SEC)は29日、報酬を受け取っていることを明かさず、仮想通貨を発行して資金調達する「新規仮想通貨公開(ICO)」への投資を違法に勧誘したとして、ボクシング世界5階級制覇のフロイド・メイウェザー(41)が罰金など計約61万ドル(約7000万円)を支払うことで同意したと発表した。

メイウェザーは3業者から計30万ドルの報酬を受け取っていた。ツイッターに「売り切れる前に手に入れろ」などと投稿していた。3業者の中には、創業者らが詐欺罪で起訴されたセントラテックも含まれるという。

「DJキャレド」として知られるカリッド・カリッドも、ICOを不正勧誘していたとして罰金など約15万ドルを支払うことで合意した。

仮想通貨投資を違法勧誘 メイウェザーに7000万円罰金
米証券取引委員会(SEC)は29日、報酬を受け取っていることを明かさず、仮想通貨を発行して資金調達する「新規仮想通貨公開(ICO)」への投資を違法に勧誘したとし…

 

ICO世界王者 フロイド・メイウェザー(違

コメント