松本人志『「死んだら負けや」を「オレは言い続けるよ」』自殺する子供達の問題について

松本人志、再度主張!自殺する子どもを減らすため「死んだら負けや」を「オレは言い続けるよ」

「ダウンタウン」の松本人志(55)が17日、自身のツイッターを更新し、「自殺する子供をひとりでも減らすため【死んだら負け】をオレは言い続けるよ。。。」とつづった。

松本は14日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で愛媛県が拠点のアイドルグループ「愛の葉Girls(えのはガールズ)」メンバーとして活動し、3月に自殺した大本萌景さん(当時16)の遺族で母親の大本幸栄さん(42)らが、自殺は所属事務所によるパワハラや苛酷な労働環境で精神的に追い詰められたためとして、代表取締役やスタッフらに総額9200万円の損害賠償を求めている裁判を特集した際、「こういう自殺の話になったときに、原因をみなさん突き止めたがるじゃないですか」とした上で「正直言って、理由なんて自殺、ひとつじゃないと思うんですよ。いろんな複合的なことが重なって、許容範囲を超えちゃって、それこそ水がコップからあふれ出ていっちゃうんだと思うんです。これが原因だからってないんです。ないから多分、遺書もないんです」と自身の見解を示した。

その上で「これは突き止めるのが不可能で、もちろん、ぼくは事務所が悪くないとも言えないですし、言うこともできないんですけど、我々、こういう番組でこういう自殺者が出てこういうニュースを扱うときになかなか亡くなった人を責めづらい、責めれないよね。でも、そうなんやけど、ついついかばってしまいがちなんだけど、ぼくはやっぱり死んだら負けやっていうことをもっとみんなが言わないと、死んだらみんながかばってくれるっていうこの風潮がすごく嫌なんです」と持論を展開した。

この発言にSNS上で賛否両論、様々な意見が寄せられていたが、この日のツイッターで松本は改めて自身の考えを明かした形となった。

このツイートをお笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズ(51)は、リツイートし「いい言葉です。それに、どう応えようか、思っているうちに画面が、消えて行くんです。間。。を下さい。1日でもね。間。。。を下さい。間に合うかも!!!!ですから」とつづっていた。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

揚げ足取りみたいな“レベルの低い反論”が多くて本当にうんざりするね(;・∀・)

コメント