松本人志、関ジャニ大倉ファンの過激な行為の告白に同情「僕らのときもありました」TVで被害告白

ダウンタウンの松本人志が18日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演。一部ファンの過激な行為に苦言を呈した関ジャニ∞の大倉忠義に同情し、「僕らのときもありました。若いときはキャーキャー言われたときがあって、ひどかった」と告白した。

松本は一部の過激ファンから“被害”を受けたとし、「家に勝手に入ってきたこともあるし、靴が全部取られたり。靴が一個もなくて便所のスリッパで仕事行った」と明かした。さらに、「枕元に座ってたこともあって」と衝撃的だった出来事も振り返った。

松本は芸人で大倉とは立場が違うことにも触れ、「そんなんもんもテレビで言ったりラジオで言ったり、ストレス発散になる。でも、彼らはなかなかね、そういうこともできませんし」と思いやった。続けて「浜田なんかはいつもファンをバッコンバッコン、ど突いてましたから、俺はいつも止めてましたから」と笑いを誘った。

大倉は会員制の携帯サイトで、一部ファンから執拗い追いかけられ、一般人に体当たりしたりカバンの中に物を入れるなどルールを逸脱した人がいると告白。「身勝手な行動が精神的に辛いです」と訴えた。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

みんな大変なんやなぁ…(;´Д`)

コメント