【悲報】マツコ・デラックス、5年間テレビ出演控えた理由を告白

タレントのマツコ・デラックス(46)が11日、高校の同級生で俳優の木村拓哉(45)がパーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 FLOW」(日曜前11・30)に出演。テレビ出演への思いについて語った。

木村にブレーク真っ只中だったころの心境を問われたマツコは「謙遜とかじゃなくて、(街中で声を掛けられることは)あまりないのよね。大前提として仕事の時以外は外に出ないっていうのがある」と苦笑い。
「あなたが堂々としているのがすごいなって思う。背負っているなって思っている」と木村の立ち居振る舞いを称賛した。

一方で「最初にテレビから声がかかったときは私、断っているの。15年以上前」と明かし、「見つけてくれた人がいてさ、『テレビ出てください』って言われたんだけど、こんなのが子どもだってばれたら母ちゃんが近所で生きづらいだろうなとかいろいろ考えちゃって。1回だけ出たんだけど、その時の恐怖だったりも含めて私は向いてないと思って、その後、5年間ぐらいテレビは断っていた」と告白した。

その間もコメンテーターを務めるTOKYO MXの「5時に夢中!」には出演。「校内放送の気分でできる。今でこそ、誰でも知っている番組になっちゃったけど当時は誰も見てなかった。親も観てないって分かる番組だったから出れたのよ」とその理由を説明していた。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

マツコもいろいろ大変だったんだね…(;´Д`)

コメント