還暦のお婆ちゃん、真っ赤なロードスター購入。30年乗り続け90歳でもう乗れないとマツダに返還

「ロードスターはマツダのものじゃない」藤原副社長に聞くモノづくりの真髄

赤いロードスターに30年間乗り続けた90歳のおばあちゃんが「私は60歳の時、赤いちゃんちゃんこを着るのがいやで赤いロードスターを買いました」と。
そして「もう乗れなくなってしまったので、お返ししたい。捨てるのは惜しいから、マツダに引き取って欲しい」とお戻しに来られたんです。
30年乗り続けてきて自分のものではあるけど、一方で自分のものでもないんですよ、もう。「文化財であり皆のものですから」と(そのロードスターはマツダ広報車として保管中)。

「ロードスターはマツダのものじゃない」藤原副社長に聞くモノづくりの真髄
利益向上、市場拡大、株価上昇と目に見える成果を追い駆けることばかりが正解とされなくなりつつある今日。ではこれからの組織、ひいては私たち個人はどう在ることが求められるのだろか──。そのヒントを探るべく、日本酒蔵の多様性を引き継ぐことを目的に事

 

ええ話やな(*´ω`*)

コメント