マツダ「若者の車離れは真にカッコいいクルマを見たことがないから。うちの車を見てください。」

マツダ「若者の車離れは真にカッコいいクルマを見たことがないから。うちの車を見てください。」

マツダ魂動デザイン生みの親 「若者のクルマ離れ」に持論

ここ数年、街で見かけるマツダのクルマにハッとして、思わず振り返った人は少なくないはず。“魂動”と呼ばれるマツダのデザインコンセプト、その生みの親が常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当の前田育男氏だ。同氏に、マツダ車のデザインが劇的に変わった経緯と細部へのこだわりについて聞いた。
(【前編】【後編】でインタビューをお届けします)

──10年前の2008年にリーマンショックが起き、その余波で、マツダの親会社だった米国のフォード社がマツダの資本を引き上げました。そんな苦境の中、前田さんがデザイン本部長に就任され、魂動デザインを発表。その魂動デザインをまとった市販車を2012年以降、続々と市場に投入してきました。

前田:フォードグループから離れ、1人で生きていかなければいけない状況が起こったのは大きいと思います。まさに生きるか死ぬかという状況。ならば、もう覚悟を決めないといけないということで、プロパーのメンバーたちが本当に一枚岩になれました。マツダの明日はなくなるかもしれない、相当危ないと、みんなが真剣に思った時期なので、いろいろ考えましたね。

──具体的に、社内でどんな議論をしたのですか。

前田:マツダというブランドが単独で生きていけるぐらいの価値を持たないと、この急場を何らかの形でしのいだとしても、絶対にまた、そのうちに同じことが起こるという危機感を共有できたんです。

だからこそ、我々の強みを最大化するという点と、そもそも我々の強みとはいったい何なんだという問題意識をきちんと深掘りできました。うわべの議論でなく、まさに鬼気迫る感じだったですね。

我々は不器用なので、世の中のトレンドに上手に乗ってという商売は苦手だし下手です。であれば、愚直に本質を追求したクルマを作っていくしかない。投資と利益のバランスなど課題はたくさんありましたが、そこだけはぶらさずに固定しました。

──とはいえ、売れるクルマを作るためのマーケティング、市場リサーチには前田さんは否定的です。

前田:それは僕の中でのプロ意識。プロが最大限努力して出したデザインの答えが答えであって、それ以上のものを第三者から出してもらえるのであれば、それはプロではありません。

誰よりも真剣にいま作っているクルマのデザインに向き合い、誰よりも考え抜き、誰よりも最大限に自分のスキルを使っているという自負がないと、絶対にいいものはできません。それ以上を望むのであれば、僕とデザインチームごと変えてくれ、というぐらいの腹決めだったですね。

──前田さんが考える競争優位なブランドとはどんなものでしょう。

前田:オンリーワンでないとブランドにはなり得ないじゃないですか。そのメーカーのブランドしか作れないものでなければ価値がない。いま、特にそう思っていますね。

商品に何かシンボルマークをつけておけばブランド、というのがかつての日本のブランド論でした。そうではなく、ブランドは作り手の志の集大成みたいなものなので、どれだけ研ぎ澄まされたものを積み上げてできているかにかかっていて、そこはデザインも一緒なんです。

一言で言えば、デザインで表現したいのは“オーラ”。パッと見た瞬間、みなさんに「オッ」って思ってもらえるもの、それがブランド表現だと思っています。

──クルマの躍動感や生命感、スピード感などを表現するために動物のチーターをモチーフにして、獲物に襲いかかるチーターの姿をシンプルにオブジェにした、“ご神体”がマツダにはあります。デザインで迷ったらご神体に立ち返るという、唯一絶対の存在になっているそうですね。

前田:自分たちの原点を突き詰めた時、動的な感じや生命感が感じられないクルマはマツダのクルマじゃないと結論づけました。いまでもその哲学は普遍だと思っていますが、敢えて、形に命を与えるという抽象表現にとどめたんです。

それまでのマツダは、デザインテーマを具体的に決めていました。こういうキャラクターラインを入れるとかデザイン表現を固定してしまうと、結局はものすごく浅いものになってしまい、クルマの価値が変わっていくと対応できなくなってしまうのです。

昔から、道具には命が宿ると言われていますが、我々がやっていることはそれと同じ。命を与えるということの深さに気づかされて、そこに日本の美意識の原点があるということにも気づきました。そして、生命感の深さをもう少し追い求めているのがいまのステージですね。

よく若い人たちのクルマ離れが叫ばれていますが、真にカッコいいクルマを見たことがなければ、誰だってクルマへの関心も興味も薄れるでしょう。

そこで我々が「RX-VISION」や「VISION COUPE」(それぞれ2015年、2017年に発表した「艶」と「凛」をテーマにした次世代デザインのコンセプトモデル)を東京モーターショーで見せると、若い人たちがどっと押し寄せて来て、誉め言葉である「やべえ」とか「やばくね、これ」とか言ってくれるわけです(笑い)。あれは心地よかったですね。

──次世代の魂動デザインは、その2つのコンセプトモデルを“ブックエンド”にして、その間を埋めていく市販車が来年以降出てくるそうですね。魂動デザイン第2ステージはどんなイメージになるのでしょうか。

前田:最初の魂動デザインのジェネレーションで一体何をやってきたか振り返ってみると、1つはクルマに生命感を与え、ある動きのリズムを作ってそれをクルマのフォルムにしてきました。もう1つは、“束ねる”ということでブランドを表現する。全車種、大きい方向に揃えていこうと。マツダのクルマは、フォルムやフロントマスクで統一感を持たせ、“群れで見せていく”というのがそれです。その2つを同時にやってきて、それなりの成果を出せたかなと。

今後は、そこを深化させていく。魂動デザインはある程度、研ぎ澄まされたところまで来始めているので、その哲学を変えることはないですが、哲学の表現自体は今後もいろいろなことにチャレンジしたいと思っています。

もう1つ深めるところは、我々は日本のデザイン、メイド・イン・ジャパンなんだということを相当、意識し始めており、日本人がもともと持つ繊細な美意識をもっと色濃く表現したいと、ずっと思い続けてきました。クルマの生命感を、わかりやすくクルマの骨格のリズムで表現するだけではなく、もう少し“光”で表現してみたい。そこに焦点を当てることを、次世代デザインの深化の方向性にしようと。

もっと言えば、これまでのリズムではなく、陰影の移ろいで表現しようということです。

──そこを極めるために、クルマの塗料そのものまで共同開発してこだわっているそうですね。

前田:マツダのエンジニアたちも相当、意識風土が変わってきまして、彼らは自分たちもクリエーターの1人だと考えています。アーティストの1人だと本気で思ってくれるようになった。

僕が彼らに常に言っているのは、「色を塗料だと思わないでくれ」ということです。色は基本、我々が作り込んだクルマの形が映えるために絶対に必要なものなので、いわばフォルムそのものです。クルマの形に込めた思いやその良さが、もし色で消されてしまうのであれば、その塗料や色は失敗。

クルマの造形に込めた思いをさらに強調してくれる、もしくはすごく正確に表現する色を実現したいんです。だから色の設計は、相当精密にしてほしいというお願いを僕のほうからしています。

陰影の移ろいの表現を光でするということは、ペイントにかかる比重がものすごく大きい。光に反応するのが色なわけですから。ということで、エンジニアたちにも相当、緊張感をもってやってもらっていますが、「突き詰めていくとペイントのレベルでは開発できない」と言うので、金属メーカーと一緒に開発をやり始め、ナノサイズのメタルチップの領域まで入っていきました。

──そこまで車のカラーを突き詰めているのはすごいですね。

前田:結局、ペイントはクルマのボディのうえにミクロン単位で乗ってくるものなので、ものすごい薄い塗膜に深みを出して、しかも光に対して繊細な反応をしてほしい。深く見えて、しかもその反応が早いという、ものすごく難しいことをしているんです。

いままでのメタリックカラーのように、光が当たった瞬間にギラギラっとしてしまうと、もう形が分からないわけですよ。光が当たって明るく見せる反応も必要で、かつ、均一でフラット、きれいに光ることも条件。となると、光に反射する金属の部材は、お行儀よくきれいに並んでないとダメなんです。

──そこまでやるところって、国産メーカーはもちろんですが、海外の自動車メーカーでもあるのでしょうか。

前田:一部の本当にプレミアムな会社では、5層からなるファイブコートなどもありますね。何回も何回も塗り重ねていくということでは似た特性はありますが、そこまではともかく、我々はずっと、2コートとか3コートにこだわってやってきていますし、それを自動車工場で普通に塗り重ねていくマツダのような事例はほかにはないでしょう。それを次世代の魂動デザインで表現していく予定です。

■聞き手/河野圭祐(ジャーナリスト)

マツダ魂動デザイン生みの親 「若者のクルマ離れ」に持論
 ここ数年、街で見かけるマツダのクルマにハッとして、思わず振り返った人は少なくないはず。“魂動”と呼ばれるマツダのデザインコンセプト、その生みの親が常務執行役員デザイン・ブランドス…

 

最近のマツダ車のデザインほんとかっちょいいと思うんだけど、この人がキーマンなんやな(*´∀`*)

コメント