【悲報】マッチングアプリ講師「モテない趣味は車、野球観戦、ラーメン」

スポンサーリンク

モテない趣味は「車、野球観戦、ラーメン」。マッチングアプリの赤ペン先生に聞く恋愛テク

スポンサーリンク

今では多種多様なマッチングアプリがリリースされ、アプリをきっかけに彼女を探す「恋活」をする人も多くなりました。しかし、女性からの食いつきが思わしくなかったり、メッセージが盛り上がらなかったりと、会うまでに挫折してしまう男性も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、これまで人気マッチングアプリ「Pairs(ペアーズ)」のプロフィールを600人以上も添削した経験があるおとうふさん(@o10fusan)に、女性ウケが良くなる「マッチングアプリ攻略法」を教えてもらいます。クライアントのなかにはプロフィールの「いいね」数が10倍以上になった人もいるのだとか!

スポンサーリンク

多い月には100件の依頼をこなす
おとうふさんがプロフ添削を本業にしたのは2018年の夏ごろ。それまではプロを目指してバンドに打ち込んだり、学校の教員として働いていました。

「ドラムを教えていたり、英語教員として独立しようと考えたりもしたんですけど、大手が参入しているジャンルは、フリーランスとして集客を安定してするのは難しいと思ったんです。その他の分野で自分が何かできないかと考えた時、もしかしたらマッチングアプリがビジネスになるかもしれないと思い、添削を始めたのがきっかけです」

「ココナラ」という知識やスキルなどの技術を売買するプラットフォームで、募集を依頼。当初はワンコインでスキルを販売するも、独特なサービスが話題を呼び、『マツコの知らない世界』(TBSテレビ系列)などテレビ番組にも多数出演。ツイッターのフォロワーも2.4万人超、多い月にはなんと100件ほどの依頼をこなしているそうです。

スポンサーリンク

まず眉毛サロンに行くべき
おとうふさんは、マッチングアプリで女性にアプローチする前の準備段階として、3つのプロセスが必要だと述べます。

「マッチングアプリで数を打つ(女性にアタックする)際には、ある程度“装備”を整えておく必要があります。“装備”とは『外見を整える』とか『写真をちゃんと撮る』『プロフィール文を作り込む』というところです」

では実際、女性からの支持を得るためには、どのように装備を整えるべきなのでしょうか。「外見」「プロフィール写真」「自己紹介文」それぞれの項目別に解説してもらいます。

スポンサーリンク

「まずは『外見』。大きく気をつけるポイントは『眉毛』と『髪型』です。特に眉毛は少し手入れをするだけで、だいぶ印象が変わります。1度、眉毛サロンに行ってしまえば後から自分で手入れするのも楽です。髪型はある程度の長さまで伸ばしてから、似合う髪型に切ってもらうのがおすすめ。長いほうが顔も盛れるし、顔周りが隠れてごまかしも効くので。

服装や装飾品に関しては、『なるべくシンプル』を心がけるべきです。白シャツやセットアップなどをベースにして、センスが問われる装飾品はつけないほうが無難です。おしゃれや個性を出すよりも、女性ウケの良いファッションを意識したほうが得策でしょう」

スポンサーリンク

自撮りはNG。プロフでウケが良い撮り方は…
次に「プロフィール写真」について。避けるべきパターンは「自撮りと集団」写真とのこと。

「自撮りだとナルシストっぽい印象や、『それ以外に載せる写真なかったのかな』とリアルの生活が充実していない感を与えてしまいます。いくらイケメンでも自撮りに抵抗感を示す女性は多いので要注意です。

また、集団写真は情報がごちゃついて、あまり洗練されていないように見えます。大人数の写真で交友関係の広さやリア充感をアピールするのは好印象ですが、あくまでもメイン写真は自分1人のものにすべき。どうしても入れたい場合はサブ写真に大人数のものを入れておく程度にしましょう。

スポンサーリンク

逆に好印象を与えるのは『男友達と旅行やご飯に行った時に撮ってもらった写真』です。できるだけ爽やかな印象で、適度に盛れているものがベスト」

ちなみに「仕事着」の写真は賛否両論分かれるとか。スーツ姿はウケがいいですが、白衣や制服など仕事感を出しすぎは減点になる可能性があります。カフェでパソコン広げてるぐらいの写真に留めるのが無難とのことです。

スポンサーリンク

「車、野球観戦、ラーメン」には近寄りがたい
準備段階のラストは「プロフィール文」を完成させること。相手に好印象を与えるためには、過度に自分の押し売りをせず、かつ相手に興味を持ってもらえる絶妙な塩梅が必要です。プロフィールで女性からの反応が良くないのは「自己アピールが空回りしている」「相手に印象が残らない」と、おとうふさんは分析します。

「空回りしている場合、なにを書かないかも重要です。一例として『〇〇で優勝したことがある』『〇〇何段です』といった経歴や資格は、思っているより女性に響きません。シンプルでも『料理が作れます』とか『車が運転できる』といった、女性がお付き合いした時にメリットになるような趣味を入れるべきです。

スポンサーリンク

趣味や経歴において大切なのは、この人と一緒にいて楽しそうと思わせることです。男性からすれば、女性が『韓流アイドル、サンリオ、占い』を趣味にしていたら、一緒にデートする姿を想像し難いでしょう。女性も同じで、『車、野球観戦、ラーメン』といった趣味しか持ち合わせていない男性は近寄り難いものです。

ただし、車が好きな男性が『運転が得意なのでドライブは任せてください』というように、伝え方次第で親しみやすさが増します。機転の効く言い回しができないようなら、料理やジム通いなど、始めやすい趣味に挑戦するのがオススメです」

スポンサーリンク

個性やオリジナリティーを反映させるには?
これといった趣味や特技がない人は、どうすれば相手に個性や長所を伝えられるでしょう。おとうふさんは「自分なりのエピソードを加えること」でオリジナリティーが増すと助言します。

「『優しい』とだけ書いても説得力は上がりませんし、この人は優しいしか取り柄がないんだと思われてしまいます。そこで、具体的なエピソード、または第三者からどう言われているかを盛り込むのがオススメです。例えば『怒らなすぎて友人から“仏”って呼ばれています』『職場の人にパワースポットとして崇められています』と書くと、面白いし、印象に残りやすくなります」

スポンサーリンク

心構えとしては「冗談を言っているのかな」と相手に思われるぐらいがちょうど良いのだとか。等身大のことを書かなくても、人生の中で1回しか言われなかった言葉などを探して、多少オーバーにアピールすることが近道です。

「ただ、無理に面白おかしく自分を伝える必要はありません。『出会いがないので始めました』といったテンプレ表現を避けるだけで印象はだいぶ変わります。テンプレ、つまり同じことを書いているプロフィールは結構目立つし、それだけで女性は怪しみ、距離ができてしまいます」

スポンサーリンク

このように「外見」「プロフィール写真」「自己紹介文」の女性にメッセージを送る前の各段階で、気をつけるポイントはたくさんあります。逆に言えば、女性が少しでも興味を持ったり、減点対象を避ける工夫を施せば、女性からの食いつきも大きく変わってくるはずです。

【おとうふ】
2018年の夏に自身の経験を活かしたマッチングアプリの添削サービスを開始。“ペアーズの赤ペン先生”として、累計で600人以上にアドバイスを行う。『マツコの知らない世界』(TBSテレビ系列)などに出演
Twitter:@o10fusan

モテない趣味は「車、野球観戦、ラーメン」。マッチングアプリの赤ペン先生に聞く恋愛テク(bizSPA!フレッシュ) - Yahoo!ニュース
 今では多種多様なマッチングアプリがリリースされ、アプリをきっかけに彼女を探す「恋活」をする人も多くなりました。しかし、女性からの食いつきが思わしくなかったり、メッセージが盛り上がらなかったりと、会
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

そもそも「マッチングアプリ講師」とかいう謎な肩書きを当たり前のように受け入れてるのが異常やろ😅😅😅

コメント