sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【動画】舛添要一「書道をやるためにシルクの服を買った」 → 字が下手すぎと話題に

   

舛添氏、趣味の書道の腕前を披露 → 字が下手すぎと話題に

【簡単に説明すると】
・舛添要一がテレビに出演し生活苦をアピール
・カップラーメンをすする毎日
・書道の腕前を披露するも下手クソと話題に

元東京都知事の舛添要一さんが8月17日に放送された『有吉ジャポン』に出演し生活苦を訴えた。

毎月の収入は11万円で貯金を切り崩し、マスコミから逃げるために自宅の地下室に籠もり1日を過ごしているという。昼ご飯はカップラーメンをすすり、ゴーヤなどの野菜を栽培して生活。

そんな舛添要一さんはスタジオにも出演し、当時話題となった書道の話になった。シルクの服を購入した言い訳が「私は筋肉があり、窮屈なのでシルクを着ながら書道をする」というもの。それを聞いた報道陣が「袖のない服でやれば……」という質問も飛び交ったが「冬は寒いので」と反論。

つまり舛添要一さんは滑りの良いシルクを選びより良い品質の字を書きたかったのだという。

そんな舛添要一さんが、番組のスタジオで実際に書道の腕前を披露。お題は「お金」で、周りから「おお!」と言う声も挙がるが有吉が「『おお!』って言う程のものか?」と笑う場面も。書き終わると「あまりうまく書けませんでしたけど」と完成品を見せた。「味がある」と言う人もいれば小柳ルミ子さんはそれに対して「味があるか?」と否定する人も。

ネット上でも「味で逃げてる」「才能無し」「スーツでも書けてるじゃん」「ギャル文字かよ」など批判が挙がっている。

小柳ルミ子さんは「非常に残念」と酷評すると「趣味ですので」とにやけながら言い訳した。

http://gogotsu.com/archives/32438

金間違ってね?(#・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 芸能