【これマジ?】日本人に急増「ノーマスク不安症」

スポンサーリンク

子供にも広がる「ノーマスク不安症」 体育の授業でさえ頑なに外さない女子も

スポンサーリンク

マスクがないと不安でたまらない人たちがいる。「ノーマスク不安症」などと呼ばれることもある人たちの多くはルッキズム、外見つまり容姿が人間の価値を決めるという極端な考えに囚われているのが原因だと言われてきた。その不安症は、新型コロナウイルスの感染拡大対策のために目立たなくなっていたが、感染拡大が落ち着き、マスク着用が義務づけられる場面が減少するとともに再び、クローズアップされてきた。ライターの森鷹久氏が、ノーマスク不安症に陥ったり、マスクをするべき外すべきと争うようになってしまった子供たちについてレポートする。

スポンサーリンク

* * *
「マスクを外すのなら体育はやらない、ある児童にそう言われてどうしようもありませんでした。運動が好きだった子で、マスクをしながらの体育はとても苦しそうに見えるのですが…」

都内の公立小学校教員・牧山理子さん(仮名・40歳)が思いつめた表情で話すのは、受け持つ小5クラスの女子児童に「体育の時はマスクを外していいよ」と声をかけたところ、泣き出してしまったことだ。女子児童の親に報告すると、あるサイトで見かけた動画がきっかけになって、マスクをはずせなくなっているようだった。

スポンサーリンク

「その動画は、マスクを着用していると美人に見えるけど、マスクを取るとそれほど美人に見えなくなる、という動画だったそうです。児童は顔にコンプレックスがあるようで、マスクをしているとイキイキしているのに、マスクを外した途端うつむいて、急に消極的になる傾向がありました」(牧山さん)

この傾向はコロナ禍以降、男女を問わず起きているようだ。マスクを外すこと自体がパンツを脱ぐのと同様に恥ずかしいと感じてしまう人たちが一定数いることから、ネット上では、過敏になっている人にとってのマスクを「顔パンツ」と呼ぶむきさえある。

スポンサーリンク

「私も若い頃、風邪が流行る冬などに着用するマスクがどことなく心地よく、顔が隠れて安心するようなこともありました。コロナ禍前、夏でもマスクをしている年頃の女の子もいましたが、小学生でもそうなるなんてショックで」(牧山さん)

本年度に入り、コロナ感染者が減少の一途を辿っていた頃、政府や関係当局には「人混み以外の開けた場所ではマスクを外すべき」という論調が広がっていた。学校教育の場では、体育や学外活動の際、特に気温が高い日などは「マスクを外す」よう生徒に指導していた教員も多かったと話すのは、千葉県内の私立中学教頭・野中忠彦さん(仮名・50代)。

スポンサーリンク

「男子生徒は喜んでマスクを外すのですが、確かに女子生徒の中にはマスクを頑なに外さない子もいました。体育の授業などでは、マスクを外さずに運動をして、ゼイゼイ音を立てて息をしたり、マスクが汗でべっちょり濡れて余計に息ができなくなっているのに外さない。陽が照っていると、日焼けでマスクの跡が残り、余計にマスクが手放せなくなったという子もいましたね」(野中さん)

そんな女子生徒を見て違和感を覚えているのは、喜んでマスクを外していた男子生徒たち。マスクを取らないのはおかしい、恥ずかしいのかと笑われ、ショックを受けた女子生徒も少なくなかったという。さらに、そんな子供たちを追い込むのは、大人の間で散見される、二元論的な「マスク着用」の是非だ。

スポンサーリンク

「教員によっては、何があろうとマスクを外すべき、一方で、絶対に着用すべき、と極端な見解を持つ者もいて、それが子供たちを戸惑わせています。政治家もマスクを外すべきといっていた、とか、うちのお父さんは絶対にマスクをすべきと言っていた、と大人の意見に振り回されているんですよ。着用の是非について大人でも迷うのに、判断する能力が備わっていない子供たちの混乱は相当なものです」(野中さん)

当たり前のことだが、マスクを着けるかどうかは、環境やその人の体調、周囲の状況などをかんがみて、そのときどきに合わせて判断すればよく、誰かに強制されるようなことではない。感染症に関わることだから、専門的な知見からのアドバイスは参考にすべきだろうが、誰かの思い込みで左右されるべきではない。

スポンサーリンク

だが、街中でも、マスクを外さず堂々としている大人を見てギョッとしたり、怪訝な目でノーマスクな人を睨みつけるような人がいる。一方、広い場所で密でもないのにマスクをしている人を見て、陰口を叩くような大人だっている。大人ですら戸惑うそんな「二元論」的な主張がぶつかりあう世界は、子供にとっても生きづらい。いつの世も、大人同士の勝手な論争に翻弄されるのは子供たちなのだ。

体育でもはずさない女子児童も 子どもにも広がる「ノーマスク不安症」 - ライブドアニュース
マスクがないと不安でたまらない人たちがいる。「ノーマスク不安症」などと呼ばれることもある人たちの多くはルッキズム、外見つまり容姿が人間の価値を決めるという極端な考えに囚われているのが原因だと言われて
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

コロナで死んだのなんてほとんど高齢者と病人だけ、最初から分かってたことなのに無駄に不安を煽るからこんなことになる😰😰😰

コメント