マリエ、島田紳助“枕営業”告発を取り消さず…「出川哲朗さん、マジで許せない」

スポンサーリンク

マリエ、島田紳助“枕営業”告発を取り消さず…「出川哲朗さん、マジで許せない」

スポンサーリンク

「出川(哲朗)さんが(テレビに)出てるのも大っ嫌いだし、出川さんがCMに出てるのも、マジで許せない」

モデルのマリエの告発が物議を醸している――。

マリエは4日、Instagramライブに動画を投稿。約15年前の18歳の頃に、元タレントの島田紳助さんから枕営業を強要されたとして、次のように告白している。

スポンサーリンク

「芸人さんとアイドルさんが、みんな並んで、アーケードみたいなソファーに。出川さんもいて、『やるせなす』さんもいて、真ん中に紳助さんがいて、私もいる。で、『やらせろ、やらせろ』と。『これは愛のある(行為)ではない』と。『気持ちよさの極限を、俺は味合わせることができる』って言うわけ。

『だから、俺とさせろ』って言うわけ。『来週のどこに火曜日、何日何時』。でも、これは本当に起こったことなの」

スポンサーリンク

「18歳の私にそんなことする40~50(歳)の人って、どういうこと? しかも、その場に居合わせた人たちがCMとかに出ていることが、マジであり得ないと思ってる。私が18歳の時にそれが起こってるから。そこにいた出川さんも、『やるせなす』の人たちも、みんな、18歳の私を帰さなかったの。ヨイショヨイショで」

その後、「紳助さんの仕事をするか、しないかで追われて、しないって決めた」マリエは、所属事務所のスタッフと共に「紳助さんと“ツーツーだった”(テレビ)制作会社」に謝罪に行ったという。

スポンサーリンク

「『事務所が守ってくれなかったの?』とか言うの、みんな。事務所は『いいの? マリエ』って言われたの覚えてる。『マリエ、それでいい?』って言われた。『金輪際、仕事来ないけどいい?』って言われた。『あそこの制作会社と縁切ったら』。で、私『いい』って言ったの。私のマネージャーさんが、『わかった。そういう覚悟なら。一緒に行きましょう』って謝りに行って」(マリエ)

こうした出来事で芸能界に嫌気が差したというマリエは「だから私は(芸能界を)離れた」といい、次のように現在の心情を語っている。

スポンサーリンク

「これ、マジだから。だから私は、今のバラエティ見てるの嫌いなの」

「『やるせなす』さんが出てるテレビも嫌いだし、出川さんが出てるのも大っ嫌いだし、出川さんがCMに出てるのも、マジで許せない。本当に嫌なの」

スポンサーリンク

マリエの所属事務所レプロは沈黙
この動画がインターネット上でも拡散され、その影響かどうかは定かではないが、出川が起用されていた経済産業省の動画が削除。ワイモバイルや永谷園、フマキラーなど数多くの大企業のCMに出演する出川の所属事務所は9日、次のコメントを発表し、マリエの発言を否定している。

「先日SNSの生配信で女性タレントが発言された内容について出川本人に確認したところ、番組の収録後の打ち上げで出演者、事務所関係者、番組スタッフなど大勢がいる場では同席したことが一度ありましたが、プライベートで食事に行ったことは一度もなく、お騒がせしているような事実はないと申しております」

スポンサーリンク

また、「やるせなす」の所属事務所も「配信の中で話されているような事実はなかったことを確認いたしました」と見解を発表している。

そしてマリエは10日、ラジオ番組『SEASONS』(J-WAVE)に出演し、「今週は、皆様からのたくさんの愛あるメッセージ届いております。本当にありがとうございます」と語り、自身のインスタでの発言を取り消すようなことはせず、詳細には触れなかった。

スポンサーリンク

現時点でマリエの所属事務所であるレプロエンタテインメント、島田さんの元所属事務所である吉本興業は本件について見解を発表していないが、芸能事務所関係者は語る。

「島田さんはすでに芸能界を引退しており“元所属タレント”ということで、吉本は現時点では静観する方針のようです。一方のレプロもダンマリの姿勢で、レプロと懇意にしているスポーツ紙各紙も触れてきませんでしたが、出川と『やるせなす』の事務所が公式に見解を出したことで、この件が一気に公に知られることになった。

スポンサーリンク

もしマリエの証言が事実なら、当然ながら島田さん、さらにマリエに“謝罪をさせた”レプロの対応は問題ですし、逆に事実ではないなら、島田さんや出川への名誉棄損に当たる可能性もある。レプロとしては静観のままでは済まなくなり、見解を発表するなり、なんらかの対応が求められることになるでしょう」

また、別の芸能事務所関係者はいう。

スポンサーリンク

「これまで週刊誌などでは、島田さんが女性タレントに関係を迫っていたといった話がたびたび報じられ、業界内で噂がくすぶっていたことはありましたが、あくまで噂の域を過ぎず、真相はわかりません。ただ、15年前のこの当時の島田さんが、番組出演者のキャスティングを簡単に動かすくらい絶大な力を持っていたことは事実ですし、なんらかの理由でタレントと芸能事務所の人間が島田さんサイドに謝罪に赴くというようなことがあったとしても、不思議ではありません。

スポンサーリンク

今回のケースでいえば、可能性として考えられるのは、島田さんと複数の番組共演者たちが参加する飲み会の席で、新入りのマリエに向かって島田さんが冗談で“誘う”ような発言を繰り返し、同席する芸人たちが悪乗りして“芸能界の重鎮が誘ってるんだから”みたいなかたちで面白がってしまったという構図です。それに対し10代のマリエが嫌悪感を抱いて、今回の怒りの告発につながったという可能性もゼロではないかもしれません。

スポンサーリンク

もっとも、もし仮に島田さんや同席したタレントたちに悪意がなく、ふざけてそうした言動を繰り返していたのだとしても、10代の女性に対する行為として不適切なのは、いうまでもありませんが」

レプロ、そして島田さんの対応が注目される

https://biz-journal.jp/2021/04/post_219259.html/amp

スポンサーリンク

関連記事はこちら

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

そもそもどうして今更言い出したの?🤔🤔🤔

コメント