トイレットペーパーやゴミまで 満腹感がなく食べ続ける難病と闘ってきた少年が11歳でこの世を去る

・トイレットペーパーやゴミまで…食べ続ける難病と闘ってきた少年、11歳でこの世を去る(南ア)

昨年7月、満腹感がなく常に食べずにはいられない難病「プラダー・ウィリー症候群http://www.nanbyou.or.jp/entry/4768 」を患う南アフリカ在住の10歳少年のニュースをお伝えしたが、このほどその少年が11歳の若さで旅立ったという悲しいニュースが『The Sun』『Metro』などで報じられた。

南アフリカのムプマランガ州スタンダートンに暮らすケイデン・ベンジャミン君は珍しい遺伝子疾患「プラダー・ウィリー症候群」を抱えており、常に空腹感と闘っていた。

ケイデン君は食事をした後でも満腹感を得られず、食欲が途切れることがなかった。ケイデン君の介護のために仕事をやめて付き添っていた母親のゾーラさんは昨年7月、空腹に耐えられないケイデン君がトイレットペーパーや床に落ちているゴミまでも口にしたことがあると英メディアに話していた。

プラダー・ウィリー症候群は15,000人に1人の発症率と言われており、肥満や性腺発達不全、筋緊張低下、発達障害などを引き起こすとされている。病により全身の筋肉の緊張が低下し、少量のカロリーしか燃焼しないことから、食事量を徹底的に管理することが必要と言い、コントロールせずに食べ続けると深刻な呼吸困難を引き起こすだけでなく心臓の肥大や糖尿病にもなり易くなるなど、臓器に深刻な影響を与えてしまうのだ。

・AN EARLY GRAVE Obese lad who constantly devoured toilet paper and dirt due to rare eating condition dies aged just 11
https://www.thesun.co.uk/news/7798447/ating-condition-dead-aged-11-obese-lad-ate-toilet-paper-dirt/

 

こんな病気があるなんて知らなかった。辛かったろうな…(;´Д`)

コメント