sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

漫☆画太郎が「星の王子さま」を漫画化した結果マジでヤバい謎展開に

   

漫☆画太郎さんによる「星の王子さま」

普通の人がイメージする「星の王子さま」

展開的にはだいたい合ってるはずなのに、全体的におかしい

「ばああ」だらけになったアプリ版「少年ジャンプ+」

 インパクトが強すぎる画風で知られる漫☆画太郎さんが、フランス人作家サン=テグジュペリの名作「星の王子さま」を原作とする漫画連載を「少年ジャンプ+」でスタートしました。あれ、この小説って、こんなに鼻水が出てきましたっけ……?

ある飛行機のエンジンが飛行中に故障してしまい、操縦士は誰もいない砂漠に不時着。飲み水も1週間分しかないという危機的な状況のなか、別の星からやってきた王子が突然現れ、羊の絵を描いてほしいとねだってくるストーリーは、サン=テグジュペリの小説同様。同氏の名前は原作者として明記されており、漫☆画太郎さんは作画担当という位置付けになっています。

しかし、漫☆画太郎さんの描く「星の王子さま」では、なぜか王子が全裸で、おのを装備しているという大胆すぎるアレンジが。飛行機の操縦士も「き……きき……きさま一体……何者だーーーッ!!!」と、まったく心温まらないせりふを絶叫しています。その後、操縦士の絵に対して、王子は「羊が病気で弱ってる」「角の生えてない羊が欲しい」と何度を描き直しをお願い。内容的にはだいたい合ってる……と言いたいところですが、王子は新しい絵を要求するたびに、おのを振り回して破壊活動を行っており、とても原作通りのキャラクター設定とは言えません。どんなバイオレンスな惑星出身なんだよ、こいつは!?

「少年ジャンプ+」ではこの連載開始に合わせて、「24時間限定ばああジャック」が実施。「ニセコイ」「ヘタリア」などのアイコンが、漫☆画太郎作品によく登場する迫力満点の「ばばあ」に差し替えられてしまい、カオスとしか言いようのない状況になっています。

なお、今回の週刊連載は、漫☆画太郎さんとしては12年ぶり。9月16日発売の「週刊少年ジャンプ」に新連載作品「珍ピース」が掲載されたものの、明らかに「ONE PIECE」をパクった内容で、第1話にして打ち切りになるトラブル(?)が発生していました。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1709/25/news104.html

関連記事:漫画家の漫☆画太郎氏にパクリ疑惑が発生
関連記事:漫☆画太郎、22年ぶり「ジャンプ」帰還も史上最速の3ページ打ち切り!!

いつもの画太郎先生だね(*´∀`*)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット