sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

漫画村ユーザー「俺らの漫画村を潰すな」「何でもあるし最高やわ #漫画村を守ろう」漫画村運営者「違法行為ではない」

   

漫画村ユーザー「俺らの漫画村を潰すな」「何でもあるし最高やわ #漫画村を守ろう」漫画村運営者「違法行為ではない」

「俺らの漫画村を潰すな」「漫画村マジ最高www」海賊版サイトの台頭で、出版業界の未来は暗い?

 「罪の意識はあまりないかもしれない」「サイトに上がってたから、いいかなみたいな」

作者や出版社の許可なく漫画がアップロードされ、無料で読むことのできる「漫画村」などの“海賊版サイト“が今、議論を呼んでいる。利用しているという10代の学生は「周りも使っている。新しい漫画が出たら教えてもらう。“やばいのかな“と言うこともあるが、僕はよくわからない。でも、漫画家さんにちゃんとお金が入るのは“買う“という形なので、そうしいかないと漫画家さんも減るし、苦しくなるとは思う」と話す。

Twitter上には「#漫画村を守ろう」というハッシュタグも出現、「めっちゃ使いやすいし何でもあるし最高やわ」「漫画家を守らずして漫画村を守るとか滑稽にも程があるだろ」と、批判や擁護、様々な声が上がっている。

海賊版サイトの問題は国会でも取り上げられた。今月9日の衆議院予算委員会で、丸山穂高議員(日本維新の会)は「こうしたものがあるがゆえに、日本のコンテンツ産業が危機にあるのではないかという議論がある。現に業界の試算では何百億という損失が出ているんじゃないかと。警察の方もきちんと状況を把握していただきたい」と訴えた。これに対し文化庁は「海外にサーバーがあっても、ファイルの送受信の大部分が日本国内で行われた場合は日本の著作権法が適用できる」との見解を示し、警察庁も「著作権法等の法令違反が疑われる事案に対しては適切に対処していく所存である」(山下史雄・生活安全局長)としている。

しかし、この「著作権」についても「無許可で使ったらダメみたいな…?」(10代学生)、「考えたことがなかった。音楽なども無料で聴けてしまう環境にあるから」(20代学生)といった感覚のようだ。

19日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、海賊版サイト問題を通して、漫画の未来について考えた。

■江川達也氏「まるで俺がオッケーしてるような感じ(笑)」

 昨今の状況について、漫画家の江川達也氏は「“過渡期“にいるという諦めもあるが、それでもやはり作り手にお金が還元されなければ衰退してしまう。タダで読んでいる人たちは酷いことしているなと思う」と話す。

「見たらムカつくんで見たことは無い(笑)」という江川氏の著作も、『漫画村』上に108冊がアップロードされており、もちろん無料で閲覧可能だ。「まるで俺がオッケーしてるような感じ(笑)。でも、読みたくなるデザインだ。出版社が運営している漫画サイトもたくさんあるが、やはり海賊版の方に流れていってしまう」。

江川氏が指摘するとおり、『漫画村』は作品がジャンル分け、検索機能、フリック・スワイプによる直感的な操作などが充実しており、出版社などが運営するサイトよりも使いやすいのもまた事実だ。

■運営者は「違法行為ではない」との認識

 批判に対し『漫画村』の運営者は「画像の保管元は漫画村と一切関係がない」とコメント、ユーザーがアップした画像をまとめて表示しているだけなので、違法ではないとのスタンスだ。

しかし、私的財産権やコンテンツビジネス、著作権問題に詳しい福井健策弁護士は「違法アップロードしたのが無関係な人だったとしても、実態として違法な海賊版だということをわかった上で配信を続けていれば、やはり著作権侵害とみなされる可能性がある。また、サーバーが海外にあるから手を出せないと誤解もされるが、無断配信は多くの国で著作権侵害。YouTubeがテレビ業界と“共存関係“が築けている理由は、やはり著作権対応を進めて、権利者も利用しやすくしたからだ」と指摘する。

実際、昨年10月には、人気漫画5000冊を無料で読める海賊版サイトに利用者を誘導する「リーチサイト」の運営者ら9人が逮捕され、現在公判中だ。しかし福井弁護士は、こうした事案も氷山の一角に過ぎないと指摘する。

「出版社もできる限り全力で対応しているが、海外のサーバとの間にもいくつものサーバーを経由しているケースもあり、辿っていくのに時間がかかる。また、身元を隠してコンテンツをアップロードしたり操作したりできる技術もある。追っているうちにサイトを閉じて逃げてしまう運営者もいるので、いたちごっこだ。手はゼロではないが、すごく難しい。対策として、一つは海賊版サイトだということを承知して商売しているリーチサイトへの規制、もう一つは海賊版サイトへの広告の出稿を止めてしまうという方法がある。また、サイトブロッキングといって、日本からはもう見られないようにする方法で、世界42カ国で導入、あるいは導入することが決まっている」。

さらに福井弁護士は「もう一つだけすごく重要な要素がある」とし、「読者」について言及する。「見る者がいなければ、どんな海賊版サイトも即時壊滅だろう」。

■「漫画なんて趣味で書いてるだけだし、全部無料にすりゃいいんだよwww」

 「出版科学研究所」の調査によると、紙の漫画である「単行本」の売り上げは前年比で約13%減と、過去最高の落ち込みを記録した。この背景に、海賊版サイトの影響があるとの見方がある。

福井弁護士も、海賊版サイトの利用者状況について「昨年ぐらいから驚くべき数字になってきていて、“異次元“に突入しているという感じだ。最も見られているサイトの直近の月間訪問者数は約1億2800万人。1人あたり2日に1回くらい利用しているので、ユニークユーザー数は約740万人。これは日本の中高生を合わせた人数よりも多い。漫画の売り上げに影響がないとは考えにくい。10代の若年層に利用者が多いので、お金を払わなくても見られるものなんだというカルチャーが身についてしまうことを危惧している人も多い」と指摘する。

『あしたのジョー』など作者・ちばてつや氏が理事長を務める日本漫画家協会は13日、「全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが、利益をむさぼっている現実がある」「このままの状態が続けば、日本のいろいろな文化が体力を削られてしまい、ついには滅びてしまう」とする異例の声明を発表した。

その一方、「音楽が“CDを買って聴くもの“から、“YouTubeで聴いて、気に入ったら音源を買うもの“へと意識がシフトしたのに似ていると思う」「企業が積極的に無料公開・広告収入モデルに舵を切り、新しい収益モデルを作るべき」など、海賊版サイトの横行を一つの機会として捉える意見もある。インターネット上には「俺らの漫画村を潰すな」「漫画村マジ最高www」「漫画なんて趣味で書いてるだけだし、全部無料にすりゃいいんだよwwwどうせならラノベも無料にしようぜwww」といった書き込みも散見される。

■「近い将来、“海賊版倒産“が起きる」

 当事者である江川氏は「凝ったものを量産するのは大変なことなので、低予算で作れるものしか作れなくなってしまうと思う。プロが減って、趣味で書いている人や、単純な絵で日常を描いてます、みたいな作品が増えていく感じがする。出版業界はもう少しインターネットを勉強して、良いシステムをきちんと作るという努力をすべき。後手後手に回っている」と話す。

編集者・ライターの速水健朗氏は「もちろん出版社も数年前から公式アプリを出すなどの対応をし、うまくいっているケースもある。“スマホではなんでも無料“というのが当たり前になっていて、ユーザーはお金を払って漫画を読むのが当たり前のことではない。出版社もそこを理解して、最初は無料で読むことができるが、読める作品を限られたものにしたり、○冊以上からは課金というモデルにしたりしているが、おそらくお金を払ってくれる人は1%かそれ以下で、海賊版サイトに行ってしまう。また、インターネット上には無料のコンテンツはいくらでもあるため、“じゃあYouTube見るよ“といった具合に、競争相手が漫画以外にも広がっていって、コミック自体のファンを育てられなくなってきている」と話す。

「これまで漫画は“本丸“と言われてきた。雑誌や本が売れなくても、漫画があるから出版業界は大丈夫だと言われてきた。しかし少し前からコミック雑誌が落ち始め、単行本がどんと落ちた。痛手を受けているのは出版社だけでなく、出版輸送業界も。印刷所で刷ったコミックスを全国1万2000の書店に配る。日本は人口比で見るとすごく書店が多く、本が店頭に並ぶこと自体がすごく巨大なマーケット。そこも疲弊して、作家が出版社を介さずユーザーに販売するというモデルになると、出版者のライバルはブログや素人の漫画になってくる。一旦崩れ始めた市場規模の縮小はすごいスピードになると思う」。

福井弁護士も「産業が縮小しているという構造の問題と、海賊版の問題は分けて考えて方が良い。両方に原因があるので、読みやすさや、構造に関してはどんどん工夫をしていくべき。忘れてはならないのが、タダで読ませている海賊版サイトに工夫だけで勝てるのかという点。編集者と作者が喧嘩しながら、コストをかけて作っている出版業界だけ改善しても、海賊版サイトが放置された非常にアンフェアな状態では解決は難しい。定額読み放題モデルによる価格破壊も厳しい。近い将来、“海賊版倒産“が起きる」と警鐘を鳴らした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00010000-abemav-soci&p=1

ネットでは漫画村のような海賊版サイトに批判的な声をよく目にするけど、本気で怒ってるのなんて出版側の利害関係者だけだろうし、このままだと厳しいよね。おいらは漫画見ないのでもち漫画村も見たことないけどね。

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット