sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

無実の芸能人を“犯罪者扱い”フジ「万引き冤罪ドッキリ」が大炎上!

   

無実の芸能人を“犯罪者扱い”フジ「万引き冤罪ドッキリ」が大炎上!

フジ「万引き冤罪ドッキリ」が大炎上! 無実の芸能人を“犯罪者扱い”に「神経疑う」「不愉快」

7月6日放送のバラエティ番組『人気芸能人にイタズラ! 仰天ハプニング77連発』(フジテレビ系)で、芸能人をターゲットにした“万引きドッキリ”が放送されたが、ネット上では「まったく笑えない」と大炎上に発展している。

問題となったのは、「万引き犯に間違えられちゃうハプニング」と題したドッキリのコーナー。ニセ番組の打ち合わせのためにスーパーを訪れたターゲットが、外へ出たタイミングで、万引きGメンから声をかけられ、バックヤードでの取り調べを受けたり、ニセ警察官を呼ばれたりするという“イタズラ”を仕掛けられたのだ。

「同企画では、スギちゃんやおかずクラブ・オカリナ、TKO・木下隆行など、お笑い芸人のほか、俳優・的場浩司がターゲットにされました。それぞれの荷物にはあらかじめ店の商品が仕込まれており、ターゲットたちは身に覚えがないのに、証拠が出てきたことで動揺。その様子を隠しカメラで撮影し、スタジオ出演者らが楽しむ……といった内容でした」(芸能ライター)

しかし、ネット上には「こんな状況に陥れられたら、イタズラじゃ済まされないほどの精神的苦痛だよ」「何が面白いのかわからなかったし、見ている方もつらかった。仕掛けられたタレントさんがかわいそう」「痴漢冤罪が問題視されてる今、よく万引き冤罪のドッキリを企画にしたな。不愉快でしかなかった」「無実の人を犯罪者扱いして笑いを誘うって、フジテレビの倫理観はどうなってんの? 神経を疑う」などと批判が噴出。実際に「フジにクレーム入れてきた」と報告する書き込みもみられるほど、物議を醸している。

「また、ターゲットにされた芸人たちは困惑するばかりでしたが、的場だけは明らかに激怒している様子でした。ニセ警察官から『盗っちゃったんですか?』と言われた際には、『お巡りさんね、ホント言葉には気を付けた方がいいっすよ』と、苛立ちながらも冷静に意見していたんです。その姿に、ネットユーザーは、『的場さんが怒るのは当然』『的場さんは、悪質な番組に巻き込まれた被害者』と、擁護の声を上げていました」(同)

最終的に、ネタばらしをされた際には、「ふざけんじゃねぇよ、コノヤロー!」と笑っていた的場。表面上は丸く収まっていたようだが、フジは視聴者の反発をどのように受け止めているのだろうか。

http://www.cyzowoman.com/2017/07/post_144987_1.html

フジ「万引き冤罪ドッキリ」が大炎上! 無実の芸能人を“犯罪者扱い”に「神経疑う」「不愉快」フジ「万引き冤罪ドッキリ」が大炎上! 無実の芸能人を“犯罪者扱い”に「神経疑う」「不愉快」 フジ「万引き冤罪ドッキリ」が大炎上! 無実の芸能人を“犯罪者扱い”に「神経疑う」「不愉快」 フジ「万引き冤罪ドッキリ」が大炎上! 無実の芸能人を“犯罪者扱い”に「神経疑う」「不愉快」冤罪をドッキリに使う無神経さ。これを見て面白いと思えたら人間として終わってると思うわ(#・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット