眞子さまと小室圭、破談へ

スポンサーリンク

小室圭さんへの怒りか…秋篠宮「最後通牒」の衝撃と美智子さまの心労

スポンサーリンク

ご結婚はすでに「無くなった」…?
「秋篠宮さまと紀子さまは、眞子さまと小室さんのご結婚はすでに『無くなった』ものとお考えのようです。このご意向は眞子さまにも、紀子さまより伝えられています。

スポンサーリンク

眞子さまは、小室さんとは引き続き連絡を取り、小室家側の弁護士と相手の男性との話し合いの進捗をお尋ねになっているのですが、くだんの金銭トラブルに関しては平行線のままだというのです」(秋篠宮家に近しい関係者)

スポンサーリンク

11月30日、54歳の誕生日を迎えた秋篠宮の、恒例の記者会見での談話が明らかになった。

何と言っても注目されたのは、長女・眞子さまとその「婚約内定者」である小室圭さんとの関係について、秋篠宮が何を語るかであった。

スポンサーリンク

昨年の誕生日会見。秋篠宮は、

〈多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、婚約にあたる納采の儀というのを行うことはできません〉〈結婚したいという気持ちがあるのであれば、それ相応の対応をするべきだと思います〉

こう述べて、小室さんを突き放した。

スポンサーリンク

残された時間はあと2ヵ月
世間はこの踏み込んだ表現に衝撃を受けた。秋篠宮からおふたりに対する、事実上の「婚約破棄」勧告であると受け止める国民も、少なくなかった。

この発言の背景には、昨年2月に突如として宮内記者クラブで行われた、眞子さまと小室さんの「結婚延期」発表がある。

スポンサーリンク

このときの発表では、延期するのは東京五輪終了後をにらんだ「2年半」とされたが、今年の会見では、秋篠宮は新たな「期限」に触れた。

それは、以前示されたものよりも短くなっていた。

スポンサーリンク

〈結婚の見通し、これについては私が昨年お話ししたことと変わっておりません。ただ、今質問にもありましたけれども、この次の2月で2年たつわけですね。やはりその、昨年の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております〉

やはり、二人の結婚を認めることはできない──その確信があるからこそ、秋篠宮はあと2カ月あまりに迫った「2020年2月」、つまりあの結婚延期から2年の節目に「なんらかのこと」を発表すると宣言したのである。

スポンサーリンク

秋篠宮家に漂う重い空気
ある宮内庁関係者はこう語る。

「このご発言は、いわば小室さんに、身辺のことに関する回答の『デッドライン』を突きつける意味合いと思われます。

スポンサーリンク

今回の会見でも、〈結婚のことについては話をする機会はありません〉と述べられたように、皇嗣殿下(秋篠宮)と眞子さまは確かに、小室さんのことについて直接会話されることはございません。当然のことだとは思いますが、眞子さまは、小室さんとのことを完全に整理しきれていない。しかし秋篠宮ご夫妻はもう、お二人の関係を清算させようとお考えなのです。

小室家の抱えるトラブルについては、その後、何の進展も報告されていません。これにお怒りになった皇嗣殿下は、今年の誕生日会見を『最後通牒』とされたのでしょう」

スポンサーリンク

秋篠宮家には重い空気が漂っているという。天皇の代替わりに伴い、公務負担も増え人前に姿を表す機会が多くなった眞子さまだが、邸内では塞ぎがちで、秋篠宮や紀子さまとの会話も少ない。

「眞子さまは、この秋に行われた即位礼正殿の儀の直後に迎えられたお誕生日に際して、宮内記者会から談話を求める声が上がったものの、お断りになりました。小室さんとのことについては沈黙を貫きたい、との精一杯の思いだった」(前出・宮内庁関係者)

スポンサーリンク

上皇后美智子さまの「説得」
こうした眞子さまの様子に、心痛を深めているのが上皇と上皇后だ。

これまでにも、特に上皇后が眞子さまを気にかけている、との報道は出ている。今年7月のボリビア訪問直前には、眞子さまが上皇夫妻のもとをわざわざ訪ねたことから、「ご結婚に関する相談があったのではないか」との憶測を呼んだ。

スポンサーリンク

「今年は代替わりに伴う重要な行事が目白押しでしたし、上皇后さまは、令和の始まりである今年に大ごとは起こせないと気を揉んでおられます。ただし、来年の3月がめどとされる赤坂の仙洞御所へのお引越し、それまでには眞子さまを説得したいともお考えなのです」(前出・宮内庁関係者)

スポンサーリンク

上皇后は決して眞子さまと小室さんとのご結婚に前向きというわけではないが、一貫して厳しい態度の秋篠宮ともまた一線を画し、眞子さまの心中を最大限に思いやっている。昨年の秋篠宮の「納采の儀を行うことはできない」という発言に関しても、後日秋篠宮をたしなめることがあったという。

スポンサーリンク

黒田清子さんを通じて伝えた言葉
その上皇后が、眞子さまの相談相手、そして自らとの仲介役として頼っているのが、長女である黒田清子さんだ。

「上皇さまと上皇后さまは、ここ最近は頻繁に清子さんとお会いになり、秋篠家についてご相談をされていました。お二人のご意向を、清子さんが眞子さまへ伝えておられたようです。

スポンサーリンク

眞子さまも、清子さんには『(来年には)良い結果になっていると思うの』と気丈におっしゃったそうですが、清子さんは、上皇后さまのご内意を眞子さまにお伝えすることがお役目。『お父様(秋篠宮)には、決まったことだけを、しかるべき時期にご報告申し上げなさい』と、上皇后さまからのご伝言をお話しになったそうです」(前出の秋篠宮家に近しい関係者)

スポンサーリンク

そうは言われても、眞子さまと小室さんは多忙もあって連絡の回数も減りつつあるという。秋篠宮が決めた「2020年2月」というタイムリミットまでに、事態が大きく打開できるとも考えづらい。

スポンサーリンク

皇室全体を巻き込んだお二人のご関係は、あと数カ月で「悲恋」となってしまうのか──。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191201-00068835-gendaibiz-soci

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

これはデキ婚でワンチャン狙うしかないのでは?😝😝😝

コメント