sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【画像】戦国時代の剣豪「真柄直隆さん(身長2m、体重250Kg)」の愛刀をご覧下さい

   

 

真柄 直隆(まがら なおたか)は、戦国時代の武将。朝倉氏の家臣。北国の豪傑として知られる人物で講談(講釈)や軍記物にしばしば登場する。あまりに弟・真柄直澄の資料が少ないため、直隆と同一人物とする説もある。 …直隆は朝倉家中でも武勇に優れ黒鹿毛の馬に跨り、越前の刀匠千代鶴国安の作による五尺三寸(約175センチ)もの太刀「太郎太刀」を振り回して戦ったという[2]。足利義昭が朝倉義景を頼って一乗谷に来た際、御前で大太刀を軽々と頭上で数十回振り回し、豪傑ぶりを披露したという。

真柄直隆 – wikipedia

 

パワー系すぎるだろ…(;´Д`)ヒエッ

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット