前澤友作・ZOZO前社長 「無職生活」を語る

スポンサーリンク

前澤友作・ZOZO前社長 「無職生活」を語る

スポンサーリンク

真夏の日差しが戻ってきた9月下旬、手ぬぐいを頭に巻いた男がガレキを片付けていた。ガムテープで作った即席の名札にはマジックで「マエザワ」と書かれている。ZOZO前社長の前澤友作氏(43)は、千葉県内で災害復旧ボランティアに汗していた。

社長を退任すると発表したカリスマ経営者はいま、どんな「無職生活」を送っているのか。本人を直撃すると、前澤氏は記者を送迎車へと誘った。

前澤 次の事業の種を探すために勉強をしたり、千葉でボランティア活動をしたりしています。まだ人に会ったりはしていません。のんびりするつもりです。

スポンサーリンク

―会見当日に売却を知らされた社員から怒りの声は上がりませんでしたか?

前澤 会見の後、夜8時から都内のホテルで説明会を開いたんですけど、急な招集だったのに全社員約1100名のうち、800人も参加してくれました。泣いている人はいたけど、怒っている人はいなかったですね。

―ZOZO株の売却額は2000億円にのぼると言われていますが、昨年発表した月旅行の費用に充てるのですか。

スポンサーリンク

前澤 TOB(株式公開買い付け)成立前なので、売却額がいくらになるかはまだわかりません。月旅行は正味数日間の話であって、宇宙での体験やインスピレーションを何らかの事業に生かしていくことになると思います。

―成功したZOZOより、未知の宇宙事業に興味がシフトしていった?

前澤 たしかにZOZOの経営は軌道に乗りました。あとはしっかり、レールの上を走らせておけば順調に成長すると思います。ただ……それは僕じゃなくてもできる。僕が得意なのはわざとレールから脱線させて、イノベーションを起こすこと。ZOZOでの僕の役割は終わったかなとは、思っていました。

スポンサーリンク

率直に「無職生活」を語る前澤氏の型破りな「チャレンジ」はこれからも続く。

10月4日発売の『FRIDAY』最新号では、宇宙へのロマンや剛力彩芽との私生活など、前澤氏の発言を詳しく報じている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191004-00000002-friday-ent

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

日本でやるかは別にして、この人は世間を「アッ!」と言わせるイノベーションを起こすと思う。それが今から楽しみ😊😊😊

コメント