sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

宮崎県「こいつが殺人ウイルスをばらまくマダニです!!」ポロッ「あっ」

   

宮崎県「こいつが殺人ウイルスをばらまくマダニです!!」ポロッ「あっ」

県庁で会見中、標本マダニ“逃亡”

マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の注意喚起のため、県が4日、県庁記者室で開いた会見で標本として持ち込んだマダニ1匹が姿を消した。体長2、3ミリで、机に並べてピンセットでつかもうとした際に見失い、殺虫剤をまく騒ぎとなった=写真。

会見では、SFTSの発生状況などを県感染症対策室が説明。県衛生環境研究所職員が生きたマダニと、血を吸って6、7ミリになった死んだマダニを試験管から取り出し、机の上に並べて見せた。

見失った後、出席者ら約10人が10分近く捜したが見つからず、急きょスプレー式の殺虫剤を机の周辺に散布。同日夜には、部屋全体に行き渡る殺虫剤も使った。マダニの行動範囲は草木のない状況では1・5メートル四方ほどで、殺虫剤を浴びれば死ぬという。マダニのSFTSウイルス保有率は数%とされていて、見失ったマダニがウイルスを持っていたかは不明。同対策室は「シャーレなどふたのある容器に入れて見せればよかったと思っている」と反省している。

http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_27859.html

なお、イマダニ見付かっていないとのことです。。m(__)m

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット