sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

「突然ゾンビが現れても安全です」松戸駅広告 反響大きくスポンサー側が撤去

   

千葉県松戸市内の新京成電鉄・新京成線の松戸駅ホームに掲げられた広告が、奇抜でナゾめいているとツイッター上で話題になっている。これに対し、スポンサー側は、マイナスの反応もあったとして、広告を撤去した。

広告には、青か紫っぽい無地の背景に、黄色い字で大きくこうキャッチコピーが書かれていた。

警備員を募集するのが目的だった

「松戸駅のみなさん。もし突然ゾンビが現れても、イトーヨーカドーは安全です」

スポンサーは、イトーヨーカドーを展開するセブン&アイ・ホールディングス傘下の警備会社「ヨーク警備」だ。広告の下には、「この街のイトーヨーカドーを警備中」と書かれ、「警備員募集中」だとして、電話番号などの問い合わせ先が記載されている。なお、イトーヨーカドー松戸店は、駅の東口近くにある。

広告を撮った写真が2017年8月22日にツイッター上で投稿されると、3万件以上も「いいね」が付く反響を呼んだ。

松戸は治安が悪いと言っているのかなどと疑問を呈する向きもあったが、多くは、ユニークで面白いコピーとして受け止めているようだ。

「否定的な声が出て、社内問題に」

ゾンビが同名のホラー映画でショッピングモールを舞台にしていたことから、それを連想したとの声もあった。また、ゾンビに対抗して学校に立てこもる女子高生たちを描いたテレビアニメ「がっこうぐらし!」を挙げる向きもあって、ネタとして盛り上がっている。

ヨーク警備の広報担当者は8月23日、Jタウンネットの取材に対し、電話やメールなどで否定的な声も寄せられ、社内的に問題になったとして、松戸駅のホームから広告を撤去したことを明らかにした。広告は、警備員募集の一環としてインパクトあるものをと出したという。詳しい経緯については答えられないとしたが、広告を出したことについては謝罪した。

新京成電鉄の松戸駅は、広告は23日中に駅のホームから外され、別の広告に付け替えられたと取材に答えた。広告は、新京成グループの広告代理店が管理しているとしたが、撤去した理由については、特に聞いていないとしている。

http://j-town.net/tokyo/news/localnews/247807.html?p=all

この程度の洒落が通じない社会。息苦しいよね(;´Д`)

関連コンテンツ ユニット



 - Twitter・SNS, ニュース, ネット