sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

ハンカチ王子・斎藤佑樹、ベースボール・マガジン社の社長にポルシェを提供されていた

   

ハンカチ王子・斎藤佑樹、ベースボール・マガジン社の社長にポルシェを提供されていた

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(28)が、出版社社長からポルシェなどを提供されていたことがわかった。斎藤はノーコメントだったが、提供側の出版社社長が「週刊文春」の取材に認めた。

関係者によれば、斎藤は出版社ベースボール・マガジン社の池田哲雄社長に「鎌ケ谷の二軍練習場に通うための車が欲しい」とおねだり。価格が2000万円を超えることもある高級車ポルシェのカイエンを希望したが、マカンの新車に落ち着いたという。マカンも価格は最低でも800万円を超える。

池田社長は、取材に「斎藤から『ポルシェが好きなんで』と言われてね。『お前には頑張ってもらわなけりゃならないから、俺が払ってやる』と」と認めた。他にも社や池田社長が所有するマンションを提供したこともあったという。

野球選手の金品授受を巡っては、過去に桑田真澄、水野雄仁らが処分を受けたこともあり、日本ハムの対応が注目される。

「週刊文春」7月14日発売号では、池田社長によるポルシェ以外の利益供与についても詳しく報じる。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160713-00006362-sbunshun-spo

“カイエン青山”のはずが”マカン鎌ヶ谷”に!?(;´Д`)

 - スポーツ, ニュース, ネット, 芸能