sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】中国で遺伝子操作で双子を作った科学者、思ったより数段やべー奴だった

   

・エイズに強い子供を作るという名目でエイズ患者の父親の精子を使用
・遺伝子操作で本当にエイズにかからない子供が出来るかの保証はないのに受精卵を母親に戻して出産させる
・自分から海外の会議に出てきて自分の正しさをアピールする
・実は中国政府にすら許可されていなかったので処罰は確実
・そもそもまだ准教授だった

中国「ゲノム編集の双子」誕生 大学「認知せず」批判高まる(動画)

中国・広東省の南方科技大学の研究者は、今月生まれた双子の女の子の赤ちゃんの受精卵に、あらかじめ特定の遺伝子を改変させるゲノム編集を行っていた事実を明らかにした。父親がエイズウイルス(HIV)に感染していたことから、ゲノム編集でウイルスが細胞に入らないようにするのが目的だったとしているが、生命倫理の問題があるとして、科学者の間で批判の声が高まっている。

問題になっているのは、南方科技大学の賀建奎(ハ・ジエンクイ)副教授。25日に賀氏本人が公開したYouTube動画によると、双子は数週間前に生まれた「ルル(Lulu)」と「ナナ(Nana)」と呼んでいる(仮名)女の赤ちゃん。

具体的には、HIVウイルスに感染した父親の精子を使ってできた受精卵に、「CRISPR-Cas9」というゲノム編集技術を使って白血球の表面にあるたんぱく質「CCR5」の機能を改変することで、父親の精子から胚細胞にウイルスが入らないようにしたうえで、母親の子宮に戻したという。

海外メディアの報道によると、賀副教授はこれまでに不妊治療中の7組の夫婦のためにゲノム編集を実施し、このうち妊娠出産に至ったのが今回の双子だという。いずれのケースでも父親はHIVウイルスに感染していたと主張しているが、所属する南方科技大学は26日、「賀副教授の研究は大学外で報告なく行われたことで、倫理と学問的規範に違反している」と声明を発表した。

詳細
https://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/7/27412.html

 

これ成功してるかどうかも怪しいし、そもそも実験自体嘘松の可能性もあるらしいな(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 健康, 動画