【悲報】LINE Payの口座・取引情報も日本ではなく韓国のサーバーに保管されていた・・・

スポンサーリンク

LINE Pay情報、韓国に保管 加盟店の口座番号も

スポンサーリンク

国内の月間利用者が8600万人に上る無料通信アプリを運営する「LINE(ライン)」(本社・東京都)が利用者の画像データなどを韓国のサーバーで保管していた問題に絡み、子会社が運営するスマホ決済「LINE Pay(ペイ)」利用者の取引情報のほか、加盟店の企業情報や銀行口座番号も韓国内のサーバーに保管されていたことがわかった。

LINEをめぐっては、利用者がメッセージをやりとりする「トーク」で使われた画像や動画データが韓国内のサーバーで保管されていることが表面化。LINEは17日の発表文で、韓国内のサーバーには画像や動画データのほか、「LINE Pay」利用者の取引情報も保管されていることに言及していた。

スポンサーリンク

同社は朝日新聞の取材に対し、この取引情報には利用者の出入金や決済、送金データが含まれていると説明。さらに、「LINE Pay」加盟店の銀行口座番号や企業情報が保管されていることも明らかにした。

一方、利用者の氏名や住所、銀行口座などの基本情報は日本国内のサーバーで保管しているとしている。

韓国にあるサーバーはLINEを実質的に傘下に置く韓国IT大手ネイバーが所有し、韓国にあるLINE子会社の社員がアクセス権を持っているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0f38a1a2af27ff3ffb576231c22846a5c7d8dcaa

スポンサーリンク

スポンサーリンク

6.b.パーソナルデータの保管場所

当社は、信頼性が高く、責任ある方法で当社サービスを提供するため、主要なパーソナルデータの保管を、当社の所在する日本の安全なサーバーで行っています。

LINEプライバシーポリシー
https://line.me/ja/terms/policy/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

LINEはプライバシーポリシーすら守っていなかった。こんな会社は日本から追放すべき😤😤😤

コメント