ディズニー『バズ・ライトイヤー』、ポリコレ要素のせいで、中国含む14ヶ国で上映禁止

スポンサーリンク

『バズ・ライトイヤー』14か国で上映禁止 同性カップル描写めぐり

スポンサーリンク

米ウォルト・ディズニー傘下のピクサーが製作したアニメ映画『バズ・ライトイヤー』について、中東とアジアの14か国が上映を許可しなかったと、関係者が13日明らかにした。

同作のプロデューサーによると、中国当局は一部シーンのカットを求めたが、ディズニー側が拒否。このため、世界最大の市場である中国でも公開されないとみられる。

スポンサーリンク

同作には同性カップルが短いキスを交わすシーンがあり、アラブ首長国連邦(UAE)はこれを理由に公開を禁止。中東の多くの国々は同性愛を犯罪と見なし、UAE当局はメディアコンテンツ基準に違反していると判断した。

このほか、サウジアラビア、エジプト、インドネシア、マレーシア、レバノンなどが上映を許可していない。

同作は人気シリーズ『トイ・ストーリー』のメインキャラクターの誕生秘話を描く物語。北米では今週末に劇場公開される。

『バズ・ライトイヤー』14か国で上映禁止 同性カップル描写めぐり|シネマトゥデイ
[ロサンゼルス 13日 ロイター] - 米ウォルト・ディズニー傘下のピクサーが製作したアニメ映画『バズ・ライトイヤー』について、中東とアジアの14か国が上映を許可しなかったと、関係者が13日明らかにした。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

ポリコレに配慮して同性カップルのキスシーンは入れるのに、イスラム諸国での上映時における当該シーンのカット要請をディズニーは拒否。最近のディズニー作品ってほんまキモい😩😩😩

コメント