レタスを長期保存できる「北斗神拳みたい」な裏技が話題に

レタスに爪楊枝を刺すだけ、長期保存できる裏技が話題。“北斗神拳みたい”という声も。

レタスの茎の部分に爪楊枝を刺しておくだけで、1ヶ月以上鮮度を保つことが出来るという裏技があるブログをきっかけにSNSで話題を集めています。

なぜ長持ちするのか

茎の部分に重要なポイントがあり、レタスの成長を止めることが出来るとのこと。
石黒みずえさんのブログに詳しいやり方や情報があります。
https://comorie.nifty.com/3686.htm

テレビなどでも知られていたようですが、石黒さんのブログによって、ひろく広まるきっかけになったようです。

レタスに爪楊枝を刺すだけ、長期保存できる裏技が話題。"北斗神拳みたい"という声も。 | Gourmet Biz-グルメビズ-
レタスの茎の部分に爪楊枝を刺しておくだけで、1ヶ月以上鮮度を保つことが出来るという裏技があるブログをきっかけにSNSで話題を集めています。 レタスって こんな感じで芯に爪楊枝を3本位刺しておくと 成長点が破壊されて鮮度が長持ちするんだって。 やってみたら本当にパリパリが長持ちー! 邪魔な部分は折っちゃえばOK。 久々に...

すごーい!今度試してみますヽ(゚∀゚)ノ パッ☆

コメント