レオパレスの壁薄いネタがマジすぎた件

レオパレス21 建物に新たな不備 7700人余に引っ越し要請へ

賃貸不動産大手のレオパレス21は7日、全国で建設した1300棟余りの建物で壁や天井などに不備が見つかり、少なくとも7700人余りの入居者に引っ越しを要請することを明らかにしました。

レオパレス21をめぐっては、去年、全国に建設した200棟余りのアパートなどで、建築基準法で設置が義務づけられている延焼防止用の壁が設置されていないなどの不備があったことが明らかになっています。

これを受けて、会社が全国約4万棟の建物を調査したところ、新たに1324棟の建物で、天井や外壁の耐火構造や遮音性能が法令の基準を満たしていないなどの不備が見つかったということです。

レオパレス21の深山英世社長は7日午後、記者会見し、建物の不備の背景について「施工現場で作業効率を向上させる考えなどがあった」として陳謝しました。

また、1324棟の建物には1万4400人余りが入居していて、このうち少なくとも天井の耐火構造に不備がある641棟の7782人の入居者については、今後、会社が費用を負担する形で引っ越しを要請することを明らかにしました。

会社は今後、不備が発覚した建物の補修工事を行うとともに、担当者に聞き取り調査するなどして原因究明を進めていくとしています。

今年度決算 最大400億円の最終赤字に
建設したアパートの施工不良が明らかになったレオパレス21で、新たに外壁のパネルなどに不備が見つかり、会社は、補修に必要な費用を追加で計上するため、今年度の決算が最大で400億円の最終赤字になる見通しだと発表しました。

会社は、調査を進めた結果、新たに1300棟余りで外壁に仕様と異なるパネルを使うなどの不備があったことから、去年12月までの9か月間の決算で追加の補修費用として360億円の特別損失を計上すると発表しました。

これに伴い、今年度の業績予想も下方修正し、380億円から400億円の最終赤字になる見通しだとしています。

レオパレス21が今年度、業績予想を引き下げるのは3回目で、経営責任を明確にするため、深山英世社長が月額の報酬の30%、そのほかの取締役が報酬の20%を半年間、自主的に返上します。

会社では、多額の特別損失を計上しても十分な資本を確保しているとしていますが、深山社長は会見で一連の事態を陳謝したうえで、入居者や建物のオーナーへの対応を急ぐ考えを示しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190207/k10011807471000.html

レオパレス伝説
・エアコンが勝手に切れる
・チャイムならされたと思って玄関を開けたら、四軒隣の部屋だった
・チャイムが聞こえ今度こそはと思ったけど、やっぱり隣の部屋だった
・チャイムを鳴らしたら住人全員が出てきた
・ティッシュを取る音が聞こえてくるのは当たり前、携帯のポチポチが聞こえることも
・爪切りの音も聞こえる
・納豆をかき混ぜる音も
・壁ドンしたら壁に穴が開いた
・というか、穴が開いたあとも開くまえと聞こえてくる音は変わらなかった
・壁に画鋲をさしたら隣の部屋から悲鳴が聞こえた
・隣二部屋を借り、「これで防音ばっちりだ」と思ったが、
さらにその向こうの部屋の音が聞こえてきた
・右の隣の部屋の住人が屁をこいたら、左の部屋の住人が壁ドンしてきた
・すかしっ屁の音が聞こえる、というか臭いもする
・だけど家賃6万
・業績悪化でさらに壁が薄くなる
・将来的には壁がなくなる可能性も

 

sakamobi
sakamobi

レオパレスって昔から評判悪くてワイも避けてきたけど、今でもこんなにたくさんの人が住んでるってほんと不思議。そんなに安いの?(;゚Д゚)

コメント