【レバノン爆発】爆心地から5キロのゴーンの自宅も破壊された模様

スポンサーリンク

ベイルート大爆発でゴーン被告宅も被害 ブラジル紙

スポンサーリンク

ブラジル紙エスタド・デ・サンパウロは4日、レバノンの首都ベイルートで発生した大爆発で、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(66)の自宅が被害を受けたと報じた。

ともに暮らす被告の妻キャロル容疑者=偽証容疑で逮捕状=が同紙に語った。

スポンサーリンク

キャロル容疑者は「みんな無事だったが、家は破壊された。ベイルート全域が破壊された」と述べた。ゴーン被告の自宅はベイルートの高級住宅街にある一軒家で、爆発のあった港からは約5キロ離れているという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ffa9ce541aeca215041e019b458d58e05700807

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

日本より安全で良かったね😂😂😂