sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

Google、うるう秒の1秒を前後20時間に0.0014パーセント遅いクロック実行で吸収へ

   

Google、うるう秒の1秒分を前後20時間のクロック変更で吸収

Google、うるう秒の1秒分を前後20時間のクロック変更で吸収
UTCでの23時59分60.5秒に、NTPサーバーの供給時刻が1月1日0時00分00秒に

協定世界時(UTC)の2016年12月31日と2017年1月1日の間に「23時59分60秒」が挿入される。日本時間では2017年1月1日の午前8時59分59秒と1月1日午前9時00分00秒の間に、「8時59分60秒」が挿入される。

Googleではこれを受け、提供しているGoogle Public NTPサーバーにおいて、前後10時間に0.0014パーセント遅いクロックを実行することで、あわせて20時間全体で1秒分をずらす運用を行うことを発表した。

具体的には、UTCの2016年12月31日14時からクロックを変更、UTCの23時59分60.5秒に、Google Public NTPサーバーが供給する時刻が1月1日0時00分00秒となり、UTCの2017年1月1日10時00分00秒に時刻の同期が完了する形となる。

これまでGoogleでは、2012年6月と2015年6月にも同様の方法を採っている。また、この変更については、ほとんどのマシンの水晶振動子の製造および熱誤差の範囲内としている。

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1033101.html

Google、うるう秒の1秒分を前後20時間のクロック変更で吸収

うるう秒がらみのトラブルはほとんどがOSがまじめに23:59:60を挿入することで起きる。Googleですらうるう秒を正しく処理するのを諦めたということ。

関連コンテンツ ユニット



 - IT・スマホ, ニュース, ネット