【コンビニコーヒー】ローソンが一杯500円のコーヒーを販売開始

「1杯500円」のコンビニコーヒー! ローソンの狙いを聞いた 「それならスタバ行く」の声に対しては…

すっかり定着したコンビニのコーヒー。できたてを100円ほどで提供している人気の商品です。そんななかで、ローソンが1杯500円のコーヒーを発売し、注目を集めています。いったいどんな狙いがあるのか、担当者に話を聞きました。

樹齢100年以上の木から収穫
話題になっているのは、全国のローソンマチカフェ展開店舗で11日から販売されている「ティピカ スペシャルリザーブ パナマ・ベルリナ農園」。価格は税込み500円です。

パナマ・ボケテ渓谷の高地にある名門「ベルリナ農園」で栽培されたコーヒーで、しっとりとした舌触りで柔らかく、フローラルを思わせる香りが特徴です。

通常、コーヒーの木の寿命は30~40年といわれていますが、今回は樹齢100年以上の木から収穫した、非常に希少な豆を使用しているそうです。

ネット上では「試しに飲んでみたい」「この値段ならスタバとかドトール行くよね」といったコメントが寄せられています。

担当者に聞きました
実は、ローソンが高価格帯のコーヒーを販売するのは今回が初めてではありません。

2014年5月発売の「イパネマリザーブ」を皮切りに、今回の商品も含めて計22品を200円~500円の価格帯で発売。

今年2月の「パナマ ベイビーゲイシャ」、6月の「ハワイコナアイスコーヒー」、10月の「ブルーマウンテンNo.1」も1杯500円でした。

高価格帯のコーヒーを提供する狙いとは? ローソンのデリカ・FF商品部のシニアマーチャンダイザー、山田英臣さんに話を聞きました。

――この商品を企画したきっかけは

ローソンでは、2014年から世界各国の「シングルオリジンコーヒー」を数量限定で発売しており、これまでに8カ国の22品を提供してきました。

シングルオリジンコーヒーとは、異なる種類の豆をブレンドせず、単一品種で楽しむコーヒーを指します。豆本来の特徴がストレートに出るため、味わいや香りなどの違いを楽しめます。

今回発売する「ティピカ スペシャルリザーブ パナマ・ベルリナ農園」は、年間生産量2.7tのうち、約1tをローソンで仕入れてご提供するため、他ではなかなか味わうことのできないコーヒーです。

通常お買い求めいただけるコーヒー(Sサイズ税込み100円)に加えて、世界の希少なシングルオリジンコーヒーを楽しんでいただきたいという想いから、発売しました。

なぜ500円に
――通常のマチカフェと同じマシンを使って提供するのでしょうか

同じエスプレッソ方式のコーヒーマシンで、専用口からティピカコーヒーの粉を入れて抽出しています。

――500円という価格設定に至った経緯は

樹齢100年以上の樹木から収穫した希少な豆を使用しているため、500円という価格になりました。希少性が高く、あまり市場には出回らないため、比較は難しいですが、コーヒー専門店で提供された場合は800~1000円程度になるのではないでしょうか。

――喫茶店などで1杯500円といわれても違和感はありませんが、マチカフェのコーヒーSサイズの5倍となると高く感じる人もいるようです。そのあたりの苦悩は

苦悩はないです。ローソンのマチカフェでは、通常のコーヒーも並行して販売しています。コーヒーは嗜好品ですので、お客様がお好きなコーヒーをご自由に選んで、お楽しみいただければと考えています。「選択肢のひとつにティピカが加わった」と、思っていただければ。

――「500円ならスターバックスに行く」といった声もありますが、差別化を図る方法は

差別化という視点では特に考えておりません。お客様がお好きなコーヒーをお好きな場所で楽しんでいただくための選択肢のひとつとして、お楽しみいただければ何よりです。

――オススメの楽しみ方は

樹齢100年以上の木からのみ収穫した希少なコーヒー豆を使っていますので、味わいや香りだけでなく、「もう出会うことのないコーヒーになるかもしれない」という視点でも、お楽しみください。また、コーヒー専門店などで扱っている通常の「ティピカ」と飲み比べをして、楽しんでいただくのもよいかと思います。

表示できません - Yahoo!ニュース

 

話題性はともかく、実際これ売れてんのかな?コンビニコーヒーに求められてるものとは違うと思うんやけど…(;・∀・)

コメント