最新の信号機 薄型化で気持ち悪くなる

最新の信号機 薄型化で気持ち悪くなる

全国初の小型LED信号お目見え
大阪の交差点

大阪府警は22日、警察庁が新しく開発した車両用の小型の発光ダイオード(LED)式信号機を、大阪市鶴見区の交差点に全国で初めて設置した。従来の電球式やLED式の信号機よりライトの直径が5センチ短い25センチとなり、フードがなく、製造コストも安いという。

全国に約126万基ある車両用信号機のうち、電球式は順次、小型LED式に更新される。信号機のライトの大きさは道交法施行規則で直径20~45センチと規定。警察庁は1968年に30センチを標準としていたが、49年ぶりの変更となる。

府警交通規制課によると、小型LED式信号機は、従来型より薄くて軽い箱形。

お知らせ : 京都新聞

(´・∀・`)ヘーなんか見た目安っぽいねw

コメント