日本「労働生産性」G7最下位、米の2/3

日本の労働生産性が、先進7か国で最下位、アメリカの3分の2であることがわかった。

日本生産性本部の調査によると、日本の労働者が1時間あたりに生み出す成果(=労働生産性)が4733円で、アメリカの3分の2にとどまることがわかった。

生産性の向上は、賃上げや、企業の国際競争力強化につながるとして、日本はAIやITなどを活用した省力化や自動化を進めることが必要だとしている。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

 

G7最下位より、OECD加盟36ヶ国で20位という方が問題だよね…(;・∀・)

コメント