sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【悲報】日本の給与、ついに中国に抜かれる

   

中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見えない懐事情

<ファーウェイ日本法人が日本の大手企業の2倍近い新卒求人を出していると話題になったが、実際のところ、一般の中国人でさえもう日本人より裕福なのだろうか?>

先日、中国企業である華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の日本法人が初任給40万円で新卒求人を出している件が話題となった。「中国企業の待遇は日本を超えているのか!」という驚きだ。

この驚きの前提には「中国の給与水準は日本よりもはるかに低いはず」という思い込みがある。確かに、中国の最低賃金は深圳市など最高ランクの自治体でも月給2100元(約3万4700円)程度で、日本とは大きな開きがある。もっとも、こうしたわかりやすい数字だけでは把握できないのが中国人の収入だ。

例えば深圳の工場ワーカーの場合、基本給は最低賃金と同水準だが、残業代や各種手当てを込みにすると少なくとも4000元(約6万6000円)は超える。ホワイトカラーのサラリーマンになると、月給5000~1万元(約8万2600~16万5000円)は普通で、そこに各種手当てや年末ボーナスがつく。中国の年末ボーナスは業績がよければ月給10カ月分など高額になることもざらだ。

さらに副業をやっている人も多い。特に近年ではシェアリングエコノミーの普及によって、以前よりもずっと楽に、空き時間をお金に変えられるようになった。その代表格が中国版ウーバー、滴滴出行だろう。いわゆるシェアライドのサービスで、自家用車を使ってタクシー業務を行うというものだ。

バー店員と副業ドライバーで月収20万円

上海市で滴滴出行の副業をしているという男性に話を聞いた。夜はワインバーの店員として働きつつ、昼間は滴滴のドライバーをしているという。両者を合わせた月収は日本円にして20万円を超えるという。

「実は彼女が日本に住んでいるんです。もう10年になるんですが、中国には帰りたくないと話していて。将来をどうするのか決めなきゃいけない時期なんですよね。ただ中国には両親もいるし、友達もいるし、そのすべてを捨てて彼女のところに行くというのは簡単な決断じゃないですよね。

それから収入。彼女の月収は今30万円ちょっと。私の中国の月収と比べてもそんなに差はありませんよね。10年前、彼女が日本で働き出した直後は向こうが20万円ちょい。私が3万円ぐらいで、むちゃくちゃ格差があったんですけど、どんどん差は詰まっていますから。日本は定期昇給でしか給料が上がらないらしいじゃないですか。中国とは全然違いますね。

実は10年前、彼女と一緒に日本に行こうと思ってビザを申請したんですがダメでした。社会人として3年ぐらい働いてから日本の語学学校に入学するための留学ビザを申し込んだんですが、”修学意識が低い”とかいう理由ではねられたみたいです。社会人やってから勉強するのはダメなんですかね? 当時はがっかりしましたけど……。

あ、でも日本はいい国ですよね。何度も旅行しましたが、中国みたいにスピードが速くないので、ストレスなくのんびり暮らせて素晴らしいと思います」

収入面における日本の魅力は激減しているというわけだ。彼の話を聞いて思い出したのが、深圳の滴滴ドライバーとの会話だ。事業に失敗し運転手として食いつないでいると寂しげな表情だったが、よくよく話を聞いてみると億ションを2つ持っているとのこと。1軒は自分用、もう1軒は息子夫婦用だ。

中国の大都市部では不動産価格の高騰が激しい。収入面では日本人よりも少なくとも、保有する不動産資産では日本人以上という例はごろごろしている。

やはり、月収を聞いただけでは中国人の財布の中身はさっぱり分からないのであった。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/07/post-8031.php

今って中国より日本の方がずっと社会主義してるよねw

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット