スポンサーリンク
スポンサーリンク

キュウリ、人類の役に立つ 熱中症対策に効果あり

スポンサーリンク

キュウリ、人類の役に立つ 熱中症対策に効果あり

ここ数日は広いエリアで猛暑日になり、うだるような暑さが続いているため、熱中症により一層の警戒が必要です。
熱中症予防に欠かせない水分補給に「キュウリ」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

実は世界一カロリーが低い“果実”
ギネスワールドレコーズは「キュウリ」をLeast calorific fruitと認定しています。
日本語に訳すと「カロリー(発熱量)の最も低い果実」。
果実、というと違和感があるかもしれませんが、花が受粉して、めしべの子房(シボウ)が大きくなって出来るため生物学上は果実と分類され、トマトやナスも同じく果実となります。
そんなキュウリのカロリーは、日本食品標準成分表2015によると100gあたり14kcalしかありません。

熱中症予防にも効果あり
一方で、水分の割合は約95%もあるため、キュウリを食べることで水分補給ができるのです。
また、体を冷やす働きもありますので、暑い夏にはぴったりの食べ物ですね。

水分補給ができて体を冷やす効果もあることから、JA全農福島は平成21年から特産であるキュウリをPRするため、政府が行なっている「クールビズ」とかけた「キュウリビズ」キャンペーンを行なっているほどです。

向こう一週間も、猛暑日となる所が多くなる予想です。
キュウリ1本が100g前後ですので、1本食べると90g以上の水分をとることができる計算になります。
キュウリの丸かじりで、キュウリビズを取り入れてみるのも良さそうですね。
となりのトトロのサツキとメイさながら…

お探しのページが見つかりません - auヘッドライン
auヘッドラインでは、新聞や雑誌などが配信する旬のニュースを掲載しています。

 

味噌つけたら塩分も取れて( ´∀`)bグッ!

コメント