sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

【驚愕】知人「死んでるかも」と通報→救急隊「死亡」と判断し帰る→警察官「生きてるぞ」→病院へ搬送

   

【驚愕】知人「死んでるかも」と通報→救急隊「死亡」と判断し帰る→警察官「生きてるぞ」→病院へ搬送

「死んでるかも」の通報、救急隊も死亡と判断…生きてた

大阪市消防局は3日、119番通報を受けて出動した救急隊員が70代の男性を「死亡状態」と誤った判断をして病院に搬送しなかったと発表した。男性はその後搬送され緊急手術を受けたが、意識がない状態が続いているという。

同消防局によると、2日午後、大阪市住吉区内の男性の自宅を訪ねた知人が「死んでいるかもしれない。息をしていない」と通報。3分後に到着した住吉消防署の救急隊員が呼吸や脈、体温などを確認したが死亡と判断して警察官に引き継ぎ、現場を離れた。その後警察官が生きていると気づき、再度通報。別の救急隊が最初の通報から1時間20分余り後に搬送した。

https://www.asahi.com/articles/ASL637J9QL63PTIL00F.html

 

救急隊員がこれはあかんでしょ…(#・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット, 健康