【悲報】常盤貴子、京都の謎ルールで怒られてしまう・・・

スポンサーリンク

常盤貴子、京都人特有マナーの洗礼浴び反省 激怒され「人付き合いってそういうもんなんだ…」

スポンサーリンク

女優の常盤貴子が19日、都内で行われた4月スタートのBS11・KBS京都・TOKYO MX新番組『京都画報』局合同記者会見に登壇した。これまで何度も別番組などでその魅力に触れ、京都が大好きだという常盤だが「一度、お店を紹介していただいて、その方と伺ったときにすごくいいお店だった。次に友達と京都を訪れたときに行ったら、元々紹介してくれた人が烈火のごとく怒って…『そんなん失礼やろ!』って」と京都特有のマナーの洗礼を受けたことを明かした。

スポンサーリンク

「なんで失礼かわからなかった」と首をかしげる常盤だが、その理由について「京都のルールとしては一度紹介してもらったら、その人に断りを入れて『また、行かせていただいていいですか』と言うのが礼儀。人付き合いってそういうもんなんだと、『京都は厳しいな~』って。教えていただいてよかったことです」と反省しつつ前向きに捉えた。

スポンサーリンク

「それを2、3回くらいやらないといけないんですよね? その上で『自分で行きよし』と言われたら、『ありがとうございます、そうさせていただきます』が礼儀なんですかね? どうなん…?」と同席した番組プロデューサーでKBS京都の石場昭雄氏に京都弁を交えて質問。石場Pは「あまり聞いたことない。よっぽどその人が厳しかったのかも?」と回答し、常盤は笑いながら「まぁ京都の人はそういうかもね!」とうなずいていた。

スポンサーリンク

同番組では様々な魅力あふれる京都の美・知・芸・技・食の5つの分野にフォーカス。毎月、研究者、伝統文化・技能の継承者、料理人らを招きながら最新の京都情報を4K収録の美しい映像とともに届け、常盤は出演者として、毎月、季節の寺社仏閣や料亭、美術館、カフェなどを巡る。

スポンサーリンク

常盤は「何分、こういう番組に慣れていないので全く想像できず、自分がどういう風にそこにいればわからないですが、ただただ楽しみ。大好きな京都をもっと知る機会を得られたことがうれしくて仕方ない」と噛み締めた。中でも「京都の紅葉は涙がでるほど美しい。自然ってこんなに色に溢れているんだと、東京で暮らしているとわからない。黄色のなかでも何色もある、それを知れたのは京都の紅葉が初めてだった」と感激した経験を明かした。

スポンサーリンク

自身もマナーの洗礼を浴びながら「人付き合いの面白さもありますよね、『京都人の密かな愉しみ』という番組を以前やらせたもらったんですけど、『想像以上にややこしいな~』と」と苦笑。「ややこしさの裏には思いやりがあったり、そういうことを知ることで京都人を知るきっかけとなった。そういう人たちだからこそ、こういった町を守り続けることができるんだな」と納得していた。

スポンサーリンク

4月からKBS京都では毎月第3または4火曜日、BS11では毎月第3または4水曜日、TOKYO MX毎月第4土曜日、すべて午後8時から放送。

https://news.livedoor.com/article/detail/17839977/

スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

おまいら、ちゃんと『また、任天堂製品を使わせていただいていいですか』って言わんとダメだぞ!😂😂😂

コメント