【驚愕】財政難の京都市に15億円の寄付”サッカーファン”名乗る1人が「子供たちのため」球技場の整備を

スポンサーリンク

財政難の京都市に15億円の寄付 ”サッカーファン”名乗る1人が 「子供たちのため」球技場の整備を

スポンサーリンク

深刻な財政難が続く京都市で、老朽化した球技場の整備を求めて、市民から15億円を越える寄付金が寄せられました。

京都市が管理する「宝が池公園」は老朽化が進み、球技場の人工芝の張り替えなどが延期されていました。

スポンサーリンク

サッカーファンを名乗る市民1人から「子供たちのために役立ててほしい」と、市に15億4000万円が寄付されたということです。

京都市はこの寄付金を元に、球技場の人工芝を張り替えて観客席などを改装するほか、公園内にスケートボード場などを整備する補正予算案を今月18日に市議会へ提出します。

スポンサーリンク

京都市は、今年度末の時点で8610億円の借金を抱える見込みで、担当者は、「財政難の中、寄付金の申し出は非常にありがたい」とコメントしています。

財政難の京都市に15億円の寄付 ”サッカーファン”名乗る1人が 「子供たちのため」球技場の整備を(関西テレビ) - Yahoo!ニュース
深刻な財政難が続く京都市で、老朽化した球技場の整備を求めて、市民から15億円を越える寄付金が寄せられました。 京都市が管理する「宝が池公園」は老朽化が進み、球技場の人工芝の張り替えなどが延期されて
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

この金は出してくれた人の想いに報いる為にもせめてサッカーだけに使ってやれよ😩😩😩

コメント