【京アニ放火事件】通りすがりの土方、4人の命を救っていた

服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火

煙を上げる「京都アニメーション」第1スタジオ。後方は京阪宇治線六地蔵駅=京都市伏見区で2019年7月18日午前11時29分、本社ヘリから山田尚弘撮影
京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで18日午前発生した爆発を伴う火災。凶悪な行為が多くの人たちの命を奪い、負傷者や家族の人生も暗転させた。「静かな街なのに、信じられない」「地獄絵図だった」。現場を目撃した地域住民は、恐怖に身を震わせた。

「ドーン」。午前10時半ごろ、息が止まるほどのごう音が、スタジオのある住宅街の平穏な朝を打ち砕いた。近くに住むパートの女性(38)は、出勤のために自宅を出たところで、火災現場の方から2、3人の人が歩いて来るのを見た。全身をやけどし、服が破れ、髪も焼けていた。「助けを求めて近くの民家の呼び鈴を鳴らしていた」と言い、「あまりの恐怖で、気分が悪くなった」と振り返った。

また、近くの会社に勤務する女性は「破裂音がして、男女のキャー、ワーという悲鳴が聞こえたのでバルコニーに出たら、建物の窓から火が出て黒煙が立ち込めていた。2階か3階の窓にしがみついている男性もいた」と証言した。負傷者が運ばれた病院によると、2階から飛び降りてけがをした人もいたという。

阿鼻叫喚(あびきょうかん)となった現場周辺では、住民らが救助や介抱にあたった。

 近くで働いていた男性作業員は、工具を持ってスタジオの裏に駆けつけた。3階の雨どいにつかまっている男性をはしごを使って下ろした後、1階トイレにいた女性3人もバールで網を外して救助した。「血を流している人もいた。玄関部分が一番火災がひどかった」と語った。

近くの女性は、すすにまみれて真っ黒になった女性5、6人を目撃した。氷水に浸したタオルを持っていき、「乗せていい?」と尋ねると、女性たちは無言で弱々しくうなずいたという。

「焦げ臭く、黒煙で空は真っ暗だった。キャーという女性の悲鳴が聞こえた」。高校1年、山口航汰さん(16)は、近くの公園に逃げてきた負傷者4、5人の手当てをした。頭から血を流して横たわっている年配の男性もいた。氷をあてたり、うちわであおいだりした。「近所の人たちが動いていたので、自分も加わった。早く救急車が来てほしい、と思いながら、介抱していた」と話した。

https://mainichi.jp/articles/20190718/k00/00m/040/252000c?inb=ys

sakamobi
sakamobi

アニメ化決定!😭😭😭

コメント