京アニ跡地、無事聖地化へ

スポンサーリンク

京アニ事件の慰霊碑、跡地に建立へ 遺族、会社側などで検討委

スポンサーリンク

36人が死亡した京都市伏見区の京都アニメーション放火殺人事件を巡り、京都アニメーション社が犠牲者の慰霊碑を跡地に設置する方針を固め、詳細を検討する委員会を作ると遺族側に伝えていたことが、関係者への取材で判明した。慰霊施設に対しては地元に反対意見もあり、会社は遺族や地元関係者らとの協議を続けていた。

現場となった第1スタジオは事件後に取り壊された。慰霊碑について地元町内会は「不特定多数の人が集まることになり、生活に支障が出る」などと反対。建設しないよう求める要望書も同社側に出していた。

スポンサーリンク

同社は2021年12月に遺族との意見交換会を開くなどし、その後も遺族から意見を聞いていた。関係者によると、同社は「追悼施設の建立や、そのための組織については賛成意見が大半だった」と遺族側に説明しているという。

検討委は遺族会の代表者4人と、会社の代表5人、従業員8人で構成。月1回程度の会合を開き、慰霊碑の設置時期やデザインなどの詳細を検討するとみられる。

スポンサーリンク

遺族からは、多くの人が訪れることへの懸念も出る一方、「事件の風化を防ぎたい」「手を合わせる場所が欲しい」などの意見が多かったという。会社側の代理人弁護士は23日、取材に「お答えできることはありません」と話した。

19年7月18日、第1スタジオにガソリンがまかれて放火され、社員ら36人が死亡する平成以降最悪の放火事件となった。青葉真司被告(44)も全身に重篤なやけどを負って治療を受けていたが、20年12月に殺人や現住建造物等放火などの罪で起訴された。公判の争点を絞り込む公判前整理手続きは始まっておらず、初公判の見通しは立っていない。

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク
sakamobi
sakamobi

地元の町内会はキモオタが集まる懸念から大反対している模様。トラブル待ったなし🥶🥶🥶

コメント