sakamobi.com

ここは愉快なインターネッツですね

マンション公表しないで…住民「価値下がる」 免震不正

   

 免震装置のデータ偽装は、防災の拠点となる官公庁舎にも及んでいた。油圧機器大手「KYB」は19日、問題の免震装置を使っている施設名を一部公表したが、取り換え工事の見通しは立っていない。マンションなどは今回公表されず、住民は不安を感じたり、資産価値の低下を懸念したりしている。

「だまされたような気分だ」

問題のオイルダンパーが使われた可能性があるマンションなどの住居は、免震と制振の計265件。今回は公表されなかった。

不適合品が使われた可能性がある東京都世田谷区のタワーマンション。会社員の男性(54)は、周辺の環境のよさに加え、耐震性の高さも考慮して10年に3LDKを購入した。「不適合なものが使われているのなら冗談じゃない。だまされたような気分だ」

速やかな取り換えを希望するが、「ここは資産価値が上がっていて、売る人も多い。住民の意見がまとまるだろうか」と心配した。

中央区築地のマンションにも疑いがある。築40年が経過し、東日本大震災の後に耐震補強の工事をした。

1室を父親から相続した無職男性(66)は「資産価値が下がってしまうだろう」とマンション名の公表に否定的だ。「大阪や北海道でも地震が続き、首都直下地震もいつ起きるか分からない。古い建物だが、地震対策の工事をしたので、安心だと思っていたんだけど……」と困惑する。「住民にきちんと知らせるべきで、早く交換もしてほしい。それが会社の責任だ」と訴えた。

地域の防災拠点や消防本部でも

公表された70の官公庁舎のうち、11の施設で「不適合」な製品が使われていた。

国土交通省北陸地方整備局が入る新潟美咲合同庁舎1号館(新潟市)。8階建ての免震構造で、地域の防災拠点に位置づけられているのに、免震オイルダンパー12本のうち、11本が不適合と判明した。

整備局によると、17日午後にKYBの担当者から説明があった。速やかな交換などを求めたが、時期や方法などは全く示されなかったという。担当者は「そんなものが入っていたなんて非常に残念。迅速な交換を求め続ける」と憤る。

農林水産省が入る中央合同庁舎1号館本館(東京都千代田区)は、免震ダンパー12本すべてが不適合だった。新潟県燕市は、市庁舎の16本のうち9本が不適合で、「市民の不安を一刻も早く解消できるように」と求める。いずれも具体的な交換日程などは示されていないという。

気象庁と合同庁舎を建設中の東京都港区の担当者は、契約した性能基準に合わない「基準外」と知らされ、「最初に聞いた時はまさかと思った」。総合庁舎が「基準外」だった東京都品川区は「万が一の防災拠点なのに、こんなことになるとは……」と困惑した。

公表された施設には、2011年の東日本大震災の被災地域のものもあった。

宮城県石巻市、東松島市、女川町を管轄する石巻地区の消防本部では、6本の免震ダンパーのうち、2本が「基準外」とされた。東日本大震災の津波で浸水して、取り換えたものだ。「国の基準は満たしているが、社内の基準を満たしていない」との説明だったという。

不適合なのかどうか分からない「不明」も多数だ。

岩手県陸前高田市は、14年に完成した消防防災センターの2本が「不明」だった。市によると、KYB側から「改ざん品かどうかわからないので『不明』と公表してもいいか」と伝えられ、市民に知ってもらう意味で了承したという。

埼玉県戸田市の市役所庁舎も4本が「不明」だった。KYBからは、いつになったら結果がわかるのかも明らかにされなかったという。担当者は「あってはならないこと。大変遺憾に思っている」と話した。

一方で、データ改ざんはあったが、性能に問題なかったものが100件を超すことも明らかになった。KYBは会見で「(検査結果の)見栄えを良くしたかった」と動機を説明した。

オイルダンパー225基が使われた東京スカイツリーは、90基で検査データの改ざんを確認。いずれも基準に適合しており、安全性が確認された。担当者は「数値が書き換えられたことは事実。原因の究明に努めてほしい」と話した。

https://digital.asahi.com/articles/ASLBM5G1MLBMUTIL03K.html?rm=614

 

隠蔽すればすむと思ってるんやな…(;・∀・)

関連コンテンツ ユニット



 - ニュース, ネット